「弁護士を通してください」

 2月下旬、あるマンションの駐車場。ホンダのシビックから、大きな身体を揺らしながら降りてきた男は、記者が声をかけると怪訝な表情を浮かべ、そう言い放った――。

 その男とは、2月2日、強制わいせつの疑いで逮捕された芸能プロダクション『ユニバーサルコレクション』(以下、ユニバ社)社長のA氏だ。

「'20年5月2日の午後、アイドルを目指していた当時12歳の少女を品川区内のレンタル写真スタジオに連れて行き、2人きりの室内で宣伝写真を撮った後、デビュー時の衣装を作るために採寸をするからと言って、裸にしたんです。メジャーを手にしたAは身体も触ってきたようで、帰宅した少女は怖くなって一部始終を両親に報告。被害届が出されて逮捕に至ったのです」(全国社会部紙記者)

 ただ、少女はA氏が代表の『ユニバ社』ではなく、別の芸能プロ『B社』に所属。両社は業務提携を結んでいたようだが、なぜB社抜きのふたりきりで撮影が行われていたのか。B社の代表取締役である男性に話を聞くと、

今回のような事件があったことを、私は知りませんでした。そもそも、被害者の少女と私が会ったのは1回だけ。昨年4月にAが被害者の少女を連れて来て、ウチの会社と契約をしましたが、その後“結局、あの子は契約を辞退した”とAから聞いただけです

肉体関係があったアイドルも

 A氏は契約書と一緒に《採寸に関する覚書》なるものを利用していた。週刊女性は《覚書》の現物を入手。そこには採寸を行う際に《衣類および身体等に接触すること》《脱衣を伴う場合があること》を所属タレントに同意させる文言が並ぶ。

正直に言うとAには“借り”があって頭があがらなくて……。“覚書”のことも、おかしいと思いつつも何も言えずにいたんです。女の子を“俺が採寸した”と話すなど、以前から怪しいなぁ……とは感じていました。衣装を作るのに、パンツ1枚になる必要はありません。正確に測りたいなら、薄着の服を用意すればいい」(B社の男性)

夢みるアイドルに待ち受けていた悲劇とは……

 夢への希望を膨らませた少女を誘い出し、言葉巧みに言いくるめて自らの欲望を満たすため、服を脱がせて“採寸”という名目で身体をまさぐり、写真を撮影……。

「“契約書”に書いてあっただろう」

 嫌がる少女にそんな言葉をかけていたのだろうか。12歳の少女が“契約書”という言葉に抗えなくなる姿は、容易に想像できる。

 そんなA氏は過去にもトラブルを抱えていた。別の芸能プロ関係者が話す。

Aは数年前にも16歳の所属アイドルに手を出していたんです。Aは既婚者ですが、その子を愛人のように扱い、人前で堂々とその子の胸を揉むんです。肉体関係もあったようで、見かねた周囲の人が通報。警察沙汰になりましたが、警察は少女の同意があったとし、事件にならなかった。Aも事情を聞かれていましたが、ふてぶてしく“俺には最強の弁護士がついてる”と話してました

 これを機に、A氏は『ユニバ社』での芸能プロ事業をストップ。'17年にB社を設立し、『ユニバ社』の従業員だった前出の男性を代表取締役にした。自身は“会長”として裏で犯行に及んでいたというのが、今回の事件のあらましだ。

 未成年に手をつけるなど、過去の余罪もあったというA氏だが、これだけではない。