「病院内では職員同士のコロナ感染も報告されています。それなのに、若い医師や研修医たちは頻繁に飲み会を……」

 関係者はため息をつく。

コロナ患者を治療する病院で
若い医師たちが頻繁に飲み会を

 1月から発令されていた新型コロナウイルスの感染拡大による、東京都の緊急事態宣言は3月21日に解除されたが、収束は程遠く、感染者は増え続けている。

 2月からは国内の医療従事者を対象としたワクチン接種が開始。一般向けにも4月から接種が始まるが、変異株の到来もあり、効果を疑問視する声も上がっている。

 そんな中、3月中旬、東京・江戸川区にある私立病院、東京臨海病院の関係者から週刊女性に冒頭の告発が届いた。

 内部の事情を詳しく聞くと、

「東京臨海病院はコロナ感染患者を治療する病院です。ところが働く若い医師や研修医、看護師たちは病院が禁止しているにもかかわらず、緊急事態宣言下でも、頻繁に飲み会や宅飲みを行っていました。

 2回接種が必要とされるワクチンは1度しか打っておらず、対策は不十分です」

 衝撃の内容だが、さらに驚くべき事実が……。

「そのせいか、職員同士の感染や入院患者への感染も報告されているんです」

 東京臨海病院は現在、経営悪化に苦しんでおり、新たに病床を増やせないことなどを度々、訴えている。

 病院HPを閲覧すると、3月15日付で「新たに職員がコロナに感染した」という文書が発表されていた。

東京臨海病院のHPには職員の感染状況が記載

 同様の報告が昨年から何度も発表されているなかで、繰り返し飲み会に参加していたとすれば、由々しき事態だ。

 前出の関係者によると、

「3月の発表の後にも医療スタッフに重症者を含む感染者が出たようです。

 そんな状況下で、ひどい人は平日、毎日のように飲み会に興じています。10人以上のときは隠れて宅飲みを……。

 特に研修医同士は仲がよく、昨年の緊急事態宣言下も含め、この1年間、頻繁に合コンを開催したり、テーマパークに遊びに行ったりしていました」

 まさか、病院内での感染拡大は、彼らが原因をつくっているのではないか……。

 昨年4月には慶応大学病院でも、大人数で会食を行ったことで研修医18人が集団感染しており、二の舞いとなることが懸念される。