参加者に直撃すると
「何のことですか?」

 警察官がインターホンを押し、ドアをノックしても、うるさすぎて研修医たちは気づく気配がない。

深夜12時過ぎ、あまりの騒音に現場に到着した警察官も驚きを隠せない様子だった
【写真】民泊に約20人の研修医らが参加、腕を組んで“男女の仲”を匂わせる者も

 到着して10分以上たってやっと状況を理解したのか、突然音が収まり、5分ほどしてドアが開いた。

 近所一帯が緊張した雰囲気に包まれ、15分経過。部屋から出てきた警察官は、

「もう静かになると思います。お酒を飲んで騒いでいました」

 とあきれた表情。

 窓を開けていた住民たちは不満そうな声を上げたが、ほどなくして騒動は終わった。

 それでも朝まで電気は消えず、徹夜の飲み会だった。

 医療従事者としてこのような飲み会は適切といえるのか。帰宅中の参加者に直撃したが、

「何のことですか? 臨海病院? 水族館の名前ですか?」

 などとごまかした。

週刊女性記者の直撃取材を受ける研修医

 ならばと、飲み会の騒動について病院に問い合わせたが、

「勤務時間外のことですので、病院としてお答えすることは控えさせていただきます」

 感染リスクを考えれば、勤務時間外だろうと職員を厳しく管理するべきだが……。

「当院では職員に対して、会食の自粛を含め感染予防を実施するよう徹底しています。当院HPに記載している感染情報は、飲食の場が原因ではないと判明しています」

 しかし、具体的な根拠は個人情報として明かさなかった。

新型コロナ患者対応に四苦八苦している東京臨海病院

 このようなことが許されるのか? 医療ガバナンス研究所理事長の上昌広医師は、

「医療者は1年以上、感染のリスクのある中でストレスに晒されています。友達に会えず、旅行も行けず、家族と別居して暮らす人もいる。飲み会も、PCR検査を徹底して、陰性の人だけで行えばリスクは少ないでしょう」

 と同情的だ。

 ストレスもあるだろうが、医師の自覚が問われる。