Koki,のキャリアに傷がつくのが……

 炎上を受け、「大ごとになるまえに動画を削除した」(同前)というのが真相のようだが、これについて頭を抱えているのがKoki,の母親である工藤静香だ。デビュー時からKoki,のプロデュースに執心していた彼女にとって、今回の炎上は誤算だったという。というのも、

炎上によりイメージ動画は削除されましたが、すでに画像や動画がネット上に拡散されています。Koki,さんにも“日本人ならこの表現がマズいことくらいわかるはず”といった非難の声すらもあがっています。数年前に、日本の有名女性モデルもファッション誌の撮影で“靴を履いたまま畳の上にあがった写真”が拡散されて“炎上モデル”のイメージがついてしまいましたが、静香さんはそのように娘さんのキャリアに傷がつくことを気にされているみたいです」(芸能プロ関係者)

 海外出身のタレント・フィフィは今回の炎上についてどう考えているのか。

インスタグラムにアップされたKoki,の炎上CM(バレンティノインスタグラムより※現在は削除済み)
すべての写真を見る

「いわゆるDCブランド(*高級ファッションブランドの総称)は、広告でも大胆な見せ方をするものが多いのですが、日本の伝統的な衣装に対して配慮が足りなかったと思います。ただ、Koki,さん本人が責められるのはおかしいなと。まだ若く、そこまでキャリアを重ねていない彼女が演出にどうこう言える環境にないでしょう。ただ、素材や完成品をチェックする日本側のエージェントは確実にいたはずなので、その方々がなぜ指摘できなかったのかについては疑問ですね。

 たとえば、“この布いいな”と思ってテーブルクロスに使っていたのが、インドなどの地域ではすごく神聖な民族衣装『サリー』だとしたら、知らずに使っていたとしても炎上してしまいますよね。ただ、今回のバレンティノの件に関しては“日本のエージェントは知っていたよね”ということに尽きると思います

 それにしても、今回の炎上騒ぎがここまで大きくなったのはなぜだろうか。

「謝罪文で“日本の文化に敬意を込めて作成されたもの”などとボカさずに、はじめから『草迷宮』のオマージュだったと宣言したほうがよかったのではないでしょうか。これについては制作スタッフの総意だったわけですし。そもそも、『草迷宮』を意識したならばそれは“帯”と認めるようなものですし、言いづらいのかもしれませんが」(ファッション業界関係者)

 兎角に、ネット時代は生き辛い……。