16年ぶり話題作に出演、飽き性でも女優は……

江口のりこ 撮影/佐藤靖彦
【写真】爽やかな笑顔を見せる江口のりこ

 主演ドラマと並行して、日曜劇場『ドラゴン桜』(4月25日スタート、TBS系日曜夜9時~)に、主人公と対立する学園理事長役でレギュラー出演する。16年前に放送された前作では、生徒を惑わす暴走族役で出演していた。

16年前に1日、2日撮影に参加しただけなので、そういえばやったなという感じです。以前の役をそのまま演じるわけでもないので(16年ぶりの出演については)私としては頑張って撮影していくだけです」

 役作りは現場に入ってから。

「役作りというのは、よくわからないけど、セリフをしっかり覚えて、現場に行って、監督や演出家の言うことを聞いて演じようという感じです。

 いただいたオファーは、できる限りやります。最初から何か条件があってやるという仕事の仕方はしないです。やってみたら面白いんじゃないかという勘や感覚みたいなことだと思います。

 先のことを考える余裕はなく、まずは健康に気をつけたいと思っています。健康法はよく眠ることです。ジムは行ったことがないです。ストレッチはしますが、習慣にしようとしても続かない。飽きっぽい。趣味もなくて、今の楽しみは寝ることですね」

 唯一、飽きることがない女優の仕事。さらなる活躍が楽しみです。

遠くに行きたい!

 コロナが収束後にしたいのは海外旅行。

「ドイツ、アメリカに行きたいです。理由? 家族が住んでいるので会いに行きたいです!」

見どころは、ひとり遊びだけじゃない

「ドラマ(『ソロ活女子のススメ』)は、ひとり遊びでここまでできるんだという楽しさもあるし、ひとりの人間がひとりで遊んでいくうちに人との関わりを持てるようになる成長過程もあるので、そういうところも見ていただければと思います」

ヘアメイク/廣瀬瑠美 スタイリスト/清水奈緒美