癒しはサウナ…ではない!?

磯村勇斗 撮影/吉岡竜紀
すべての写真を見る

 昨秋のドラマ『恋する母たち』(TBS系)では、人妻に超・積極アプローチする赤坂剛役を演じた。壁ドン、強引なキス、そして全裸待機……多くの女性をキュン死させまくり! ファンも急増しているが、

「うーん。こういう時期なので、ファンのみなさんと触れ合う機会がないから直接的にはわからないんですけど。確かに“見ました”と言ってくれる女性スタッフさんはたくさんいた印象ですね」

 本作はもちろん、今後は大河ドラマ『青天を衝け』、映画『東京リベンジャーズ』(7月9日公開)、劇場版『きのう何食べた?』('21年公開)など話題作への出演がぎっしりと詰まり、多忙を極める日々。そんな中で癒しになっているものは、

「いろいろありますけど、コーヒーかな。1日3杯は飲みます。朝起きたら、絶対にブラックコーヒー。苦味のあるのをぐいっと。仕事の合間やおやつにも。夜、仕事があればさらに飲みます。喫茶店で飲むコーヒーは癒されますね。天気のいい日のテラスだったら、さらに!」

 サウナ好きで知られる磯村ゆえに、てっきり“サウナ”と答えるのかと思いきや、

「やはり、そう思われてたんですね(笑)。最近、取材とかで“サウナ以外で”って本当によく言われるようになっちゃって(笑)。違う路線で行きたいなと思う部分もありまして(笑)」

 コロナの影響もあり、最近はなかなかサウナに行けなくなってしまったと嘆く。

「ただ大切なのは“どれだけリセットする時間をつくれるか”だと思っていて。それは深呼吸だけでもいいのかもしれないけど、作品が重なると、どうしてもそれに全部エネルギーを使っちゃうので。

 多分、本当は息を抜く瞬間があるはずなのに、いろいろ自分で追い込んで、窮屈になってしまう。切羽詰まっている時間も大事ですけど、どこか一瞬でもいいから息をつくというか、全身を脱力させる時間をつくることは大事だなって、ここ最近思います」