「この作品との出合いは、坂本眞一先生の『イノサン』という漫画。僕がTBSでやっていた『ゴロウ・デラックス』で坂本先生と対談させていただきまして、作品の世界観に魅せられましたし、サンソンという死刑執行人がいたことに驚き、クローズアップしたいと思ったんです。

 この作品をやるなら映像より舞台に向いているんじゃないかと思い、演出の白井(晃)さんらと企画について話していたら、こんなに早く実現できてびっくり。昔からあまり自分で積極的に企画を出したりしないほうなのですが、自分発信でスタートし、形になってうれしく思いますね」

 稲垣吾郎がベートーヴェンに続き今度は死刑執行人に! 新作舞台『サンソン』が4月23日から東京を皮切りに各地で上演。18世紀のフランスに実在し、ギロチンの開発にひと役買い、ルイ16世の処刑にも携わるなど激動の時代を生きたシャルル=アンリ・サンソンの人生を描いていく。

「ベートーヴェンでもご一緒したスタッフが多いので、安心と信頼もあるし、再び舞台をできるのはうれしいです。いま稽古が始まってだいたい1か月くらい。ようやくスケッチができあがったデッサンの段階なので、ここから色をつけて、さらにブラッシュアップしていきたいです」

稲垣吾郎 撮影/廣瀬靖士

『SMAP×SMAP』での思い出

 サンソンと深く関わることになるルイ16世役には、初共演となる中村橋之助が挑戦。

橋之助さんにはお会いしたことなかったんですが、お父様(中村芝翫)には『SMAP×SMAP』のゲストに奥さまと出ていただいたことがあって。

 '97年とか、たぶん橋之助さんが生まれて数年たったころじゃないかな。覚えているのが、帰り際に優しい目つきで“私はあなたとは気が合いそうです”っておっしゃってくださって。芸の世界の大先輩に言われたらうれしいじゃないですか。

 ただ、何が理由だったかわからず、いまだに気になっているんですが……。橋之助さんとは僕と同じ空気を感じるのですが、本人に言ったら“あっ、わかります”と言ってくれました(笑)」