不妊や経済的事情で産みたいのに産めない女性が多い一方で、増えてきているのが“産まない選択”をした女性。彼女たちの選択はいけないことなんでしょうか。

産まない女性に「絶対に後悔するよ~」

「私は子どもを産まない選択をしました。産み育てている方たちはすごいなと思いますし、否定するつもりもありません。だから産まない私のことも詮索したり、干渉しないでほしいなって思うんです」

 都内在住の絵理子さん(仮名・37)に子を持たない理由について聞くと、あっけらかんと答えた。

 子どもを持たない夫婦が増えている。昨年9月に厚生労働省が発表した'19年の出生数は86万5239人で、1899年の調査開始以来過去最少を更新。不妊に悩み、産みたくても産めない女性や晩婚、未婚の増加など事情もある中、前向きに産まないという選択をする夫婦が増えているのも事実だ。

山口智子「子どもを産まなかったことに一片の後悔もない」

 芸能界でも、'16年に山口智子(当時51)が雑誌のインタビューで《子どもを産み育てない人生に一片の後悔もない》と公言し、話題を呼んだ。石田ゆり子もそれに続き、《結婚できないんじゃなくてしないという選択もあたりまえにあるのにね》と、出産以前に結婚制度に対して、従来の古い考え方への窮屈さを自身のエッセイで言及した。

それまで子どもを持たない側の女性は(子どもを)欲しくないというと“赤ちゃんに恵まれなかった”、“不妊治療の末にあきらめた”、などとあらぬ誤解や詮索をされてきました。

 山口さんや石田さんのようなカッコいい年のとり方をしている女優さんがそう公言してくれたことで、かなり生きやすくなってはきましたね」

 と、婚活ライターの江藤真由さん。

「母親になった人に“子どもを産んだら後悔するよ~”と言う人はいませんよね。いたとしてもそんなことを言うのはおかしな人と敬遠されます。だけど産まない女性に“子どもをつくらないと絶対に後悔するよ~”と言ってくる人の多いこと! なんで自分の人生の大切な選択に他人がズケズケと土足で踏み込んでくるんでしょう。DINKsが主流になるのもわかる気がします」

『DINKs(ディンクス)』とは、『Double Income (共働き)No Kids(子どもを持たない)』の略で子どもを産まずに生活をする夫婦のこと。近年増えつつあり、グーグルでDINKsを検索すると関連ワードで『ズルい』『むかつく』などの批判的なワードが並ぶ。

「彼らをおもしろくないと思う人は多いようで、逆に子どもを持ったことを後悔しているのかと思ってしまいます。

 自分がかつて選択しなかった道を選んだ人が、自由を謳歌しているように見えるのは悔しいのでしょうか」(婚活ジャーナリスト)

 前向きに子どもを持たない、そう選択した女性に話を聞いた。