「4月を狙う」「4月は祭り」

 こんな言葉がインターネットの掲示板で交わされている。発言者は痴漢加害者たち。この時期、彼らは電車に乗り慣れない新入生や新入社員を狙うのだという。

電車内だけではない!卑劣な痴漢行為

 卑劣な痴漢被害に悩む人は、後を絶たない。

 日本共産党東京都委員会ジェンダー平等委員会は'20年8月から約3か月間、インターネットで「痴漢被害についてのアンケート」を実施。1435人(うち83%が女性)による悲痛な訴えが寄せられた。同党都議会議員の米倉春奈さんは語る。

「痴漢被害は実に深刻で、多岐にわたっています。これまで痴漢は軽視されてきましたが、れっきとした性暴力であり、犯罪です。回答にはレイプ寸前のものや生命の危険を感じさせる被害報告もありました」

 特に未成年の被害は深刻だ。

「『18歳以下』で被害経験があると回答した人が71・5%もいました。中高校生の通学時だけでなく、性的知識が不十分な幼児や小学生も狙われています」(前出の米倉さん、以下同) 

 痴漢行為が起こる場所は満員電車だけではない。

「路上や図書館、書店、トイレ、整体院や歯科医院など電車以外の場所で被害に遭ったという報告が多数、寄せられています。たとえ車での移動が多く満員電車がない地域でも、他人事ではありません」

 被害の声は、芸能界からも上がっている。過去に指原莉乃が「電車内で太ももを触られた」とバラエティー番組で告白。藤田ニコルは、渋谷のハロウィン騒ぎの中で痴漢に遭ったなど、大勢の女性タレントが性被害への憤りを明かしている。

 ここからは、本誌取材班に寄せられた痴漢被害の実例をいくつか挙げていく。

ライブ中にも魔の手、ファンを狙う卑劣さ

「ライブ中に痴漢に遭うなんて思ってもいませんでした」

 都内在住の会社員、原和美さん(仮名・37歳)は、打ち明ける。それは2年前の夏、大好きなロックバンドのライブ会場で起きた。

「私は最前列にいたのですが、身動きはほとんど取れず、フロアはラッシュ時の山手線のような状態でした」

満員状態のライブハウス(画像はイメージです)

 会場では、激しい音楽に合わせて観客同士が身体をぶつけ合う「モッシュ」が起きていた。

「ライブが中盤に差しかかったころ、1人の男性が背後から密着してきたんです。最初は気にしていなかったのですが、何度もお尻に手の甲が当たってきて……」