「去年の秋ごろ、彼女が1度だけ占いに来たことがありますよ」

 とある占い師がこのとき鑑定したのが、同じく“自称”占い師の桑添亜紀容疑者(46)だった。東京都大田区の一軒家でひとり暮らしをしていた容疑者は、4月12日に逮捕された。

逃げ出した犬に腕を噛まれた住民も

「“犬5匹を排泄物の堆積する劣悪な環境の中でみだりに飼育して虐待した”という動物愛護法違反の容疑です。

 自宅には犬のほかに猫、ウサギ、ネズミ、鳥、ワニ、トカゲ、ヘビ、カメなど24種類、58匹・羽、もの動物がいましたが、糞尿やネズミの死骸があちこちに散らばっていて、かなり悲惨な状態でした」(捜査関係者)

 容疑者は容疑を認め、

「新型コロナウイルスの影響で趣味の海外旅行に行けなくなってしまって、ペットを増やしてしまった。週1回は掃除をしていたが、(ペットの数が増えすぎて)追いつかなくなってしまった」

 と供述している。

 容疑者は、築70年近い賃貸の一戸建てに5年ほど前から住んでいた。

「最初は2階に住んでいたが、1階にいた大家さんが3年ほど前に亡くなって、1階も彼女の住まいになったようです」(近所の住民、以下同)

桑添容疑者宅の外観

 すると動物が次々と増えていく。

「2年ほど前から糞尿のにおいがひどかったり、鳴き声がうるさかったりして、近所から苦情が殺到していました」

 2か月前、容疑者の家から逃げ出した犬に腕を噛まれた住民もいた。

「怖かったですよ。近所の人が110番通報してくれて、警察が来ました。でも厚手のジャンパーを着ていて血は出なかったから、被害届は出しませんでした」