緊急事態宣言に伴い、路上飲酒の問題が話題に上るなど、改めて公共の場でのマナーを考える機会も増えている。そこで女性500人に「不快だと思う行為」についてのアンケートをとったところ、世の中に多数存在する「オジサン」の問題行動に対して、リアルな悲鳴が聞こえてきた。今回まず取り上げるのは、アンケートで不快な行動のトップに挙がった「タバコの煙・タン・ツバ」を吐きまくる3Tオジサンの生態についてだ。

「大きな音で思いっきり、カァーッ、ペッ! とタンを吐き捨てるオジサンが不快です」(37歳・女性・専業主婦)

「ジョギングをしている初老の男性とすれ違いざまに、タンを吐かれた。マスクもしていなかったので、飛沫で感染するのでは……と怖かったし、なにも他人とすれ違うときに吐かなくても」(58歳・女性・専業主婦)

 こういった意見は数多く寄せられ、全体の65%の人が不快だと回答したのが、タンやツバを吐く行為。コロナ禍で飛沫に対する危機意識も高まるなかで、なおさら嫌悪感を覚える人が増えている。さらにほぼ同数で63%の人が激しい怒りをあらわにしたのが、歩きタバコだった。

「オッサンが吐く煙を吸いたくない」(44歳・女性・専業主婦)

「まさに最近、歩きタバコの老人を見かけました。杖をついて歩いているのに、もう片方の手にはタバコ。そこまでして吸いたいのかな? って感じです」(60歳・女性・専業主婦)

令和版、困ったオジサン図鑑

イラスト/沼田光太郎

●Komatta-OJISAN 001
歩きタバコオジサン

生態
 寒くもない日に「白い息」を吐いている人がいたら、
歩きタバコオジサンかも。公道でもガマンできず、
紫煙をまき散らしているよ。

イラスト/沼田光太郎

●Komatta-OJISAN 002
タン、つば吐きオジサン

生態
 突然「カァーッ! ! 」っという音がしたら、
それはタン、つば吐きオジサンの攻撃の合図。
たまに失敗して、口元から糸を垂らしているよ。