“ジャニーズの長男”近藤真彦(56)が先月末をもってジャニーズ事務所を退所。これで、たのきんトリオ( '80〜'83年)の全員が去ったことに。進んだ道は歌手、ギタリスト、レーサーと、実に三者三様。彼らのフレッシュな笑顔が輝いていた黄金時代が、ここによみがえる!

 マッチこと近藤は '79年10月、ドラマ『3年B組金八先生』(TBS系)の生徒(星野清)役でデビュー。同じく生徒役だった田原俊彦(トシちゃん・60)、野村義男(ヨッちゃん・56)とともに“たのきんトリオ”として一躍、トップアイドルにのぼりつめた。その名づけ親はジャニー喜多川さん(享年87)。田原の“た”、野村の“の”、近藤の“近(きん)”に由来する。活動期間は '80〜'83年と意外に短い。

 芸能レポーターで、当時は週刊女性の芸能記者だった石川敏男さんは、こう振り返る。

すさまじい人気でしたよ。中でも突出していたのはトシちゃん。メールもSNSもない時代だから、ファンが気持ちを伝えるのはファンレターだけ。月に18万通も来たっていうからね。とはいえ、ジャニーさんはグループで活動させようとは思ってなくて、3人それぞれをソロ歌手にしたいと考えていたんですよ」

映画『ハイティーン・ブギ』製作発表会見。たのきんスーパーヒットシリーズの第4弾で、ヒロインは武田久美子('82年4月)

'83年解散、それぞれの道

 たのきんトリオとしてコンサートは多数開催したが、オリジナル曲のリリースはない。 '80年6月、田原が『哀愁でいと』で歌手デビュー。12月に近藤も『スニーカーぶる〜す』でソロ歌手に。

いちばん抵抗したのはヨッちゃん。彼はアイドル歌手ではなく、ギタリスト志望だったから。たのきんのコンサートでもギターを弾いていたしね。だけど、ジャニーさんがいろんな条件をのんでくれたから '83年に1枚だけリリースしたけど、売れなかった」

 同年、“The Good−Bye”を結成。バンドの活動休止後( '90年)に独立した。現在ではギタリストとしての地位を築き上げ、アーティストへの楽曲提供なども行っている。

長女の誕生発表会見で「何事も隠密にやりたかったんだけど、僕ぐらいビッグになっちゃうと」('94年2月)

「トシちゃんは“俺はビッグ”発言でひんしゅくを買っちゃって( '94年2月)。あれはテレビでの(発言の)切り取られ方が作為的だっただけなんだけど、自分の人気を肌で感じてはいたでしょう。芸能界を干され、需要がまったくなくなりました

 同年3月にジャニーズ事務所から独立している。

「5年くらい前かな? 新大阪駅で偶然会ったんですよ。コンサート終わりだと言って、脚をきれいに上げてくれてね。“全身に膏薬貼って努力してるんですよ”と笑ってた。

 かつての栄光を失っても、彼はとにかく地道にやってきた。それが認められ、また復活しかけているじゃない?」

『爆報!THEフライデー』(3月終了)には10年近くレギュラー出演。ライブやディナーショーを精力的に行い、6月16日には新曲『HA−HA−HAPPY』が発売になる。