3月6日。入管庁の収容施設の1つ、名古屋出入国在留管理局(名古屋入管)に収容されていたスリランカ人女性、ウィシュマ・サンダマリさん(当時33)が死亡した。

'97年から20人もの外国人が不審死を遂げる

 ウィシュマさんは留学ビザで来日したが、途中で学費が払えなくなり日本語学校を中退。在留資格を失ったことで昨年8月に収容された。やがて体調悪化に見舞われ、体重が20kg減り、全身の痛みを訴え、吐血もした。だが、ビタミン剤と痛み止めを処方されただけで、つまり医療放置の末に亡くなった。

 5月16日。スリランカから来日した2人の妹が見守るなか、名古屋市内で葬儀が営まれ、多くの日本人も「申し訳ない」と記帳に並んだ。

 ウィシュマさんはなぜ亡くなったのか。入管は彼女の体調が崩れると単独室に隔離し収容を続けたが、そこに設置された監視カメラにはウィシュマさんの様子が記録されているはずだ。遺族は開示を求めたが、名古屋入管は「保安上の理由」で断った。

死亡したウィシュマさん

 この事件は各マスコミが取り上げ、4月末から始まった「入管法改正法案」の審議でも、野党は「ウィシュマさんの記録映像を公開して、事実が解明しない限り採決には応じない」と主張した。それほど入管の人権軽視の姿勢をあぶり出した事件だった。

 入管で死者が出たのは今回が初めてではない。入管庁の全国に9つある収容施設は、在留資格を失った外国人を「本国送還の準備が整うまで」との前提で収容しているが、1997年から現在までに20人が不審死を遂げている。うち自殺7人、医療放置などによる病死9人。残りは、入管職員が押さえつける制圧行為などで命を落とした。

 不審死の1つとして7年前の'14年11月、東京出入国在留管理局(東京入管)で、収容からわずか5日で亡くなったスリランカ人男性のニクラス・フェルナンドさん(享年57)の事件を伝えたい。