「去年の6月、香芝市ではコロナの緊急対応ということで、公民館など市内の公共施設は閉鎖していました。市民の皆様にも、自粛生活をお願いしていた」(前出・議員)

市長を直撃すると……

 市民に自粛を強いておきながら、自分は県外の遊園地でデートを楽しんでいたわけだ。ビラの存在や遊園地でのデートについて、市長はどう考えているのか。6月9日、公務を終えて自宅に帰るところを直撃した。

──ビラの人物は市長で間違いないか?

「そうですね」

──女性たちと交際している?

「2人は塾の手伝いをしてくれていた人ですが、今は辞めています。ご飯は行きますが、交際はしていません」

──遊園地へ行っていた?

「いえ、違いますよ」

──腕を組んで歩いていたのはなぜか?

「雨のときで、さっと(腕が)まわっただけです」

 調査写真では遊園地内で腕を組んで歩く2人の姿が確認されている。この市長の発言で、否定していた“遊園地に行った事実”を暗に認めたことになる。さらに、

──C子さんとアパートで密会していたのは?

「この部屋は塾の一部なんですよ。他のスタッフも出入りしています。選挙後で塾の仕事の引き継ぎのため、よく会っていました」

──コロナに感染したのは密会が原因では?

「2人とは最近はほとんど会っていません」

 女性との不適切な交際は全て事実無根だと言い張った。さらに直撃の翌日、事態が大きく動いた。怪文書ビラについて、議会で追及が始まったのだ。

香芝市内に出回ったビラ。類似の内容で複数パターン作成された
【写真】福岡憲宏市長がコロナ禍に人妻と密着デート、奈良県・香芝市に出回った怪文書