中学生みたいな気分で楽しい。生まれて初めて誰かのファンになったかも

 こう話すのは小泉今日子。

 BTSの勢いと人気が止まらない。5月21日にリリースしたシングル『Butter』は、YouTubeで公開されてから約21時間で1億回再生を超え、自身最速記録を達成。米国3大音楽授賞式『ビルボード・ミュージックアワード』では4冠に輝き、世界中から注目を集めた。

 そんな彼らのファンを『ARMY(アーミー)』と呼ぶ。英語で“軍隊”の意味を持つほか、『Adorable Repre sentative MC for Youth』の頭文字をとって、“若者を代表する魅力的なMC”という意味が込められている。今、日本の芸能界でも、ARMYであることを告白する有名人が後を絶たない。

香取慎吾も「将来の夢はBTS」

 冒頭の小泉今日子はメンバー全員が好きな“箱推し”であることを告白。2020年にリリースされた『Dynamite』をきっかけに、家ではBTSの曲が1日中流れているのだそう。周りもARMYだらけで、親交の深いタレントのYOUは、マンネ(最年少の意味)のジョングクの可愛さに魅了され、1年ほど前からBTSにハマっていることを明かした。

手の甲にある『ARMY』のタトゥーも特徴的なグク

 入手困難なライブチケットに関して「全員が必死なので、興味とかの段階でチケット取るのやめてください!」とテレビ番組で話すと、ファンからは共感の嵐。インタビューでは、7人の存在は“命でありすべて”と答えるほどの熱っぷりを見せている。

 磯野貴理子は、部屋にポスターを張っているのだとか。アイドルに夢中になったのはマッチ(近藤真彦)以来で、「この年齢でハマることに恥ずかしがることはないと思う。嫌なことがあっても、BTSの動画を見ると元気になれるの」と、特にメンバーのジミンに夢中。「こんな気持ちにさせてくれることに感謝。ファンになれてよかった」と、テレビ番組で熱く語り同年代のARMYから支持を受けている。

 同じく、椿鬼奴もファンであることを公言。バラエティー番組で『Dynamite』のダンスを披露すると、SNSでは「本気すぎる」「最高だった」などの声が多く寄せられていた。

ジミン

 BTSに夢中になっているのは女性ばかりではない。

 新しい地図の香取慎吾は、ドラマの撮影中に『Dynamite』を流していたことを共演者に明かされ、その理由を聞かれて「将来の夢、BTSだから」と発言。「いい曲だよね」と楽曲性を評価していた。木村拓哉も、自身のラジオ番組で「聴いていて一切ストレスにならないし、ノリもいい」と、ビルボードでの首位獲得を絶賛。

 ロックバンド・氣志團の綾小路翔は、BTSメンバーの愛用品を購入し「ジミンちゃんのリップ来た」とTwitterで報告。そのほかジョングクが飲んでいた飲み物を購入したりと、ARMYたちをざわつかせた。

 Sexy Zoneの中島健人は、Vの髪色と同じにしたりソロ曲のパフォーマンスが丸パクリなのでは!?と、話題になったことも。公言こそしていないが、影響を受けているのは間違いなさそう。