先日、『FRIDAY』(6月25日号)でテレビ朝日の斎藤ちはるアナとの交際が報じられ、同時に二股疑惑まで浮上したTBSの小林廣輝アナウンサーにさらなる醜聞が持ち上がった。追撃するように同誌(7月9日号)が報じたのは二股どころじゃない彼の奔放な女性関係。

 斎藤アナ交際報道が出た後に同誌には小林アナに関する情報提供、いわゆる“タレコミ”が続々と寄せられた。その数は実に12件、まだまだ出てきそうだという。そのうち4人の告白により小林アナの“生態”が記事化されている。今どきの若者なのだろうが、記事を読むと彼のチャラさが伝わってくる。

 小林アナは局内でも若手のホープとして期待されていて、入社してすぐに『アッコにおまかせ!』の進行役、『Nスタ』のニュースプレゼンターに起用されているが、どちらも“欠席”となり、出演を見合わせることとなった。2番組とも降板が濃厚とのことらしい。

公式SNSの運用を任されていたにも関わらず

当初は厳重注意で済ますつもりだったようです。『FRIDAY』第2弾が出る直前の“管理者会議”では、彼を番組から降ろすという話は出ていませんでした。同誌の報道が出た直後に現場、つまりセンター長とデスクと番組サイドで決めたようです。

 まあ、局内でも厳しく対処するべきだという声が出ていましたし、特に『Nスタ』は報道番組ですからね。いくら法に触れていないといっても、彼の行動は問題があります。それにあの番組の視聴者は主婦が多い。視聴者の反感を買ってしまうでしょうから」(TBS関係者)

 厳しい処分となったわけだが、厳しくなった理由はそれだけではないというのは別のTBS関係者。

彼は社内でも“アナウンス部の公式SNSの運用担当”だったのに意識が低すぎます。個人でインスタのDMなどを使って“女漁り”をしていたわけですから。『FRIDAY』の報道が出たとき、局内では“バカだな。脇が甘い”という声がほとんどでした。しかしアナウンサーも含め若手社員の中には“すごいね。やるねえ”と、どちらかといえば彼を賞賛する者もいた。第2、第3の小林アナが出てこないように綱紀粛清(こうきしゅくせい)のためのみせしめの意味もあったと思います

熱愛が報じられたテレビ朝日・斎藤ちはるアナ

 ほかには、“テレ朝の看板アナに恥をかかせておいて、甘い処分では示しがつかないだろう”との声も上がっていると聞く。そもそも小林アナと斎藤アナの交際が明るみに出なければ、彼を告発する女性が噴出することもなかったはずだ。

 そしてキー局の社員から聞こえてきたのはこんな声。

「イケメンとかタレント性はいらないかな」

 一体どういうことか。