グリーンイグアナは1階のベランダのケージで飼っていたんですが、その日はカギをかけ忘れてしまい逃げ出してしまったんです。ご迷惑をかけて、本当にすみません

 埼玉県川越市に住む20代主婦の飼い主は、バツの悪そうな表情で謝罪した。

2年前、都内のペットショップで1万円で買いました。最初は20cmぐらいで可愛かったんですが、イグアナ用のペットフードや、ほうれん草を与えていたら、尻尾も入れて1m20cmほどになってしまって……」(飼い主の女性)

 とてもおとなしくて、飼い主と2歳になる娘になついていたようで、

名前はフアナちゃん、メスの2歳です。子どもが1歳のときに飼いはじめたんですが、まだ“イグアナ”ってうまく発音できなくて、“フアナ”と呼んでいました。それをそのまま名前にしたんです(笑)」(同)

『グリーンイグアナ捜索隊』結成

 “フアナ”が逃げ出したのは、25日の午後2時ごろのこと。飼い主はすぐに埼玉県警川越署に110番通報した。

 前述したように体長1m20cmなのだが、“体長2mのイグアナが逃げた”と少々大げさに大手新聞社のウェブメディアが報じられた。それを皮切りに、スポーツ誌やテレビでも取り上げられるほど話題に。だが、川越署は“捜索する予定はない”と発表した。なぜなのか?

おとなしい動物で、人を襲う危険性がないですからね。でも、一応、注意を呼びかけて、見つけたら通報してくださいということにしています。連絡がきたら、すぐに出動できる態勢にはしています」(川越署)

 5月上旬、神奈川県横浜市に住む飼い主宅から逃走したアミメニシキヘビの騒動と比べると明らかに緊張感は薄い。編集部もこのニュースから手をひくムードが流れていたが、飼い主の2歳になる娘は“フアナ”の帰りを健気に待っていて……。

 そこで、編集部は1日限りの『グリーンイグアナ捜索隊』を結成することに。メンバーは50代の筆者を含めた3人だ。

「絶対に見つけてみせる」

「見つけてヒーローになるんだ!」

 このときの20代の若手2人は意気揚々だった。

『グリーンイグアナ捜索隊』を結成