ジュリーこと沢田研二(73)がソロデビュー50周年を迎えた。歌手、俳優として活躍する半世紀をプレーバック。編集部撮影の秘蔵ショットも!

『TOKIO』で派手な衣装とパラシュートを背負って。'80年の幕開けとともにヒット('79年撮影) 写真/週刊女性写真班

「男が化粧」当時は特異な存在

「ジュリーは画期的な男です」(芸能評論家の肥留間正明さん)

 沢田は18歳のときにザ・タイガースのボーカルとして芸能界デビュー。GS(グループサウンズ)ブームとともに人気を博したが、ブームの終焉によってグループは解散。

 1971年からソロ歌手に。日本レコード大賞受賞曲『勝手にしやがれ』をはじめ『危険なふたり』『時の過ぎゆくままに』『サムライ』『ダーリング』『LOVE(抱きしめたい)』『カサブランカ・ダンディ』『TOKIO』など数多くのヒット曲とともに派手な衣装やビジュアルが話題を集めた。

「男が化粧することを批判された時代に、外国での潮流をいち早く取り入れる特異な存在で、日本ポップス界の原型を作った」(肥留間さん、以下同)

 俳優としてもドラマ『悪魔のようなあいつ』や映画『太陽を盗んだ男』『魔界転生』などの話題作に主演している。

「俳優をやったのは一時期で、個人的見解ですが俳優になり切れなかったのでは。才能というのは自分のことを知っていることも重要なひとつ。 '85年に(所属していた)渡辺プロから独立したのは、自分自身をプロデュースでき歌手としての力量もあったから。それを熱狂的なファンが支えて、それが今も続いていると思います