韓流アイドル御用達、さつまいもを主食に!

 見た目へのこだわりが人一倍強いといわれる、美容大国・韓国。スタイル抜群のK-POPスターたちがSNSで発信して大流行しているのが『コグマダイエット』だ。

 コグマとは、韓国語でさつまいものこと。主食を白米やパンなどの小麦製品からさつまいもにかえるだけの簡単なダイエット法で、ポリフェノールを含む皮ごと食べるのがポイント。食べごたえがあり、甘みもあるさつまいもは、やせる食材とは思えないのだが「10kgダウンした!」というアイドルも。

K-POPアイドル『TWICE』のジヒョは、さつまいもを主食にし、運動も欠かさずにしたという(写真はイメージです)
【写真】'11年に出産した後の激太りを“あるダイエット”で解消したマライア・キャリー

意外なことに、さつまいもの糖質は米より低いんです。食物繊維や、むくみを改善してくれるカリウムが豊富でデトックスにはもってこい。しかも、いも類の中ではもっとも低GI食品です」

 GIとは、食後血糖値の上昇度を表す指数。食べたあとに急激に血糖値を上げる高GI食品は、太りやすく、血管にダメージを与えやすいとされる。例えばGI値が80を超える白米や食パンは「高GI」、65程度のかぼちゃ、長いもなどは「中GI」、さつまいもは玄米と同じ55で「低GI」に分類される。

「健康食品であるさつまいもは、ダイエットに最適。注意点はその調理法です。揚げたり、バターを塗ったりしてはカロリーオーバーで逆効果。コグマダイエットでは、焼くか蒸すかに限定しています。あくまでも主食のかわりに、手のひらにのる程度の焼きいも、ふかしいもを食べるように心がけましょう。もちろん、おかずも腹八分目が基本です」

 同じく、韓流アイドルが考案してブームとなっているのが『紙コップダイエット』。1度の食事を3つの紙コップで完結させる方法だ。

 1つ目のコップには米や麺類などの炭水化物、2つ目は肉や魚などのタンパク質・脂質、3つ目に野菜や果物などのビタミン、ミネラル類を入れる。使い捨ての紙コップでの食事はなんとも味気ないが、食べすぎ防止にはなりそう。

「とてもいいダイエット法だと思います。一見お手軽に見えますが、タンパク質、脂質、炭水化物の3大栄養素のことまできちんと考えられています。特定の食品だけを食べ続けるなど不健康なダイエットが流行しがちな中、若い世代に影響力のある韓流アイドルがこのような健康的なダイエットを推奨するとは、素晴らしいですね」

 世界にダイエット法は数あれど、一色さんによると、どれを試すにしてもいちばん大事なのは「食べたものを記録する」ことだという。自分が毎日どんなものをどれだけ食べているか、意識することからダイエットは始まる。明日から、いや今日から! さっそく始めてみよう。