【独占】小澤廉、元JK恋人への“中絶・DV”文春報道に初反論「アザは彼女の自傷行為」#1 から続く。

◆   ◆   ◆

 昨年12月、『文春オンライン』が報じた交際相手の女性・A子へのDV問題で、芸能界から離れることになった“元”俳優の小澤廉(れん)。

 週刊女性のインタビューでは、“DVを受けていたのは自分のほうだった”“堕胎を強要した事実はない”と記事の内容とは異なる主張を見せた。

「直撃を受けたのは、テレビ番組の収録を終えた帰りでした。11月28日にA子さんが僕の家で包丁を持ち出していたこともあり、彼女の事務所に相談したうえで僕は自宅を離れていたので、新しい住居の契約のために不動産屋に向かっていたんです。“A子さんの中絶の件で”と突然声をかけられ、驚きました。

 中絶させてしまったことには罪悪感がありましたし、理由の如何によらず、手をあげてしまった事実もありましたが、A子さんによる脅迫とか、僕に暴力を振るっていた事実もまたありましたし……。彼女の所属事務所との話し合いで、僕とA子さん双方の今後を鑑みて、穏便にすませましょうという結論に至ったものだと思い込んでいたので……」

あなたの人生、全部終わらせます

 A子の所属事務所に相談した11月30日からその日までに、A子とのやり取りはなかった。

文春報道の真相を告白する小澤廉

ツイッターのメッセージで“このままだったらあなたの人生、全部終わらせますよ”みたいな文面は届いていました。でも、ここで反応したら同じことのくり返しだと判断して、連絡は絶っていました。その後『文春オンライン』の記事で彼女側の告発を知ったんですが、記事の内容を読んで1番驚いたのは僕かもしれません。僕の認識では、事実が1割くらいで、残り9割は事実と異なる内容。こんなことが許されていいのかと強く思っています、今も」

 記事が出た後、小澤は所属事務所の『アイズ』から契約を解除される。小澤が反論のツイートをした後に削除するという不可解な行動もあった。

「文春に回答書を出すため、一連の経緯を僕と一緒にまとめてくれたのは、マネージャーのHさんだったので、僕が反論したかった内容はすべてアイズに伝わっていると思っていました。しかし、その後Hさんからは“ああいう記事になったのは、実はもっとひどい内容とか写真があって、あなたが即逮捕されるような記事になるから、これでも柔らかくしてもらった”と言われて“そうなんですか”と……。心の中では“じゃあ、その記事と写真を見せてくれよ”と思いながらも、そのときは何もできず……」