ユーチューバーとしても活躍するちいめろさん。インターネットでの動画配信や地上波のバラエティー番組などにも出演。若いママ世代を中心に絶大な人気を誇っている。

 13歳の長男琉ちゃろ(本名・琉雅くん)と10歳の長女ひめちゃん(本名・麗姫愛ちゃん)の子育てに奮闘するカリスマ・ママなのだ。

 “ちいめろ”の名が広く世に知れ渡ったきっかけは、当時4歳だった息子の琉ちゃろくんにホストの格好をさせてSNSに投稿したことがきっかけだった。髪を金色に染め、一流ブランドに身を包み、シャンパンにキスをする幼児……。センセーショナルともいえる写真に、ちいめろ親子に大きな関心が集まった。

シャンパンにキスをする琉ちゃろくん。4歳児ホストくんなどと呼ばれていた

 当時は「子どもにホストの格好をさせるなんて」と眉をひそめる人もいたが、どうしてホストだったのだろう? 本人に尋ねてみると……。

「ちい(自らの呼び名)、ジャニーズが大好きで! 小さいころから琉ちゃろ(長男)はめちゃくちゃ可愛かったのでジャニーズに入れたかったんです♪」

 そう理由を説明するちいめろさん。

「ジャニーズに入ってもデビューまで下積みが長くなったら大変なので、まずは知名度を上げなくちゃって思ったんです。そこで思いついたのが“子どものホストキャラ”。子どものホストって聞いたことないし、新しいんちゃう!? って思って(笑)。それでホストキャラとして琉ちゃろをプロデュースすることにしました」(ちいめろさん、以下同)

 なんとも斬新なアプローチだが、狙いは的中。

 琉ちゃろくんの名はあっという間に広がり、モデルとして雑誌に載ったり、ファッションショーに出たり、テレビ出演したりと一躍スターダムに。同時にちいめろさん自身の知名度もアップし、その子育て方法には大きな関心が寄せられた。

染髪に盛り髪でまるでホストのような装いで子どもをプロデュースしたことで大炎上に

 とはいえ世間からは、「あんなママに育てられて子どもがかわいそう」「子どもは嫌がっている! 親失格だ」という批判も殺到し、特にネット上では大炎上。「虐待だ」などと警察に通報する人もいて、一時は大騒動になった。

「“子どもが嫌がっているって、本人に聞いたの?”って思ってました。いろいろ言われましたけど、正直、あまり気にしていなかった」

人と違っていい! 個性をつぶさないで

 気にしないでいられたわけについて尋ねると、

「人と違うことはいいことだと思っているからです」

 とズバリ言い切る。

「他人と同じようにする必要はない。自分だけの個性を見つけて磨くのがいちばん大事じゃないですか?」

 その考え方は、彼女のファッションからもうかがえる。リボンやフリルがたっぷりついたピンクや水色のパステル調の“姫系”の服を身につけ、派手なネイル、髪色もピンクに変えエクステもつける。愛らしいメイクをほどこし、まるでフランス人形のようなコーディネート。どう見てもママとは思えないビジュアルだ。

「昔から姫コーデが大好きで♪ ママになってもそのスタイルは変わりません」

 そんな派手な外見に対しても、「親としていかがなものか」と批判的意見も多かった。