「コロナ禍で市議会議員が不貞行為にふけっている」

 そんな文言が記された「怪文書ビラ」が流布して騒動となっているとの情報を『週刊女性PRIME』は独自にキャッチした。

 そのビラで不倫を告発され、“主人公”となったのは熊本県玉名市の松本憲二市議(53)。

 ミニトマトの生産量が日本一という玉名市で農業を営みながら議員活動を続けている松本市議。彼は妻子持ちで、市内にある実家に母親らとともに暮らしながら、現在、2期目を務めている。

大雨警報時も不倫相手の自宅へ

「松本市議と逢瀬を重ねていたのは市内にある建設会社の美人令嬢、A子さん(50代、独身)です。

 2人の関係は2年ほど前から密かにウワサになっていたのですが、今年6月ごろに2人の不倫関係を暴露した怪文書と証拠写真が、玉名市内の一部にばらまかれたんです」

 そう話すのは、玉名市民の1人。玉名市では昨年10月に当時の市議会議長だった中尾嘉男氏が賄賂罪で逮捕されたことから(その後、略式起訴され罰金刑が確定)、不祥事に敏感な状況。

 そんな中、今度は市議会議員の不倫疑惑が持ち上がっていたのだ。事情を知る玉名市関係者が不倫疑惑の詳細を明かす。

デート終わりにA子さんの車で地元のラブホテルに入る松本憲二議員

「2人がホテルに行ったのは5月中旬です。その日2人は新玉名駅で合流してから、A子さんの所有する車に乗って阿蘇山の近くにある花畑までドライブし、仲よく散歩を楽しんだそうです。その後、A子さんの車で付近のラブホテルまで移動し、1時間ほど滞在したんだとか……。

 このとき以外にも松本市議は度々、A子さんの自宅に通っていました。さらに許せないのは、5月20日の県下全域に大雨洪水警報が発令されていた日にも、彼女の自宅に行き逢瀬を重ねていたことです」

 市民の代表である市議会議員の不倫となれば由々しき事態だが、この不倫疑惑に市議はどう釈明するのか――。