9月中旬、松本市議は玉名市内で取材に応じてくれた。

「相談に乗っていただけ」

「ビラは私の自宅には届いておらず、うちの近所や議会宛てに送付されていました。誰が出しているのかわからないため、警察や弁護士に相談しています」

 不貞行為については、

松本憲二議員(玉名市ホームページより)
【写真多数】松本市議とA子さんの言い逃れできない密会シーン

「ビラの写真は確かに私です。しかし、A子さんとの不貞行為は事実ではありません。私も結婚していますし、(周囲に誤解を招かないよう)相手の立場を考慮しなければいけないと思い、人目を避ける行動をとっていました」(松本市議、以下同)

 ホテルに2人で入った日の行動については、

「A子さんは以前から知り合いで、度々、個人的に相談事を受けるなどの間柄でした。この日はたまたまミヤネキリシマ(花の名前)が綺麗だということで、一緒に行ってみようという話になり出かけたんです」

 相談の内容は言えないとのことだが、あくまで“男女の関係”はないと断言する松本市議。

確かにホテルに一緒に入りましたが、中では相談に乗っていただけです。屋外では話せないような相談事ってありますよね。それでほかに場所がなくて、手短に個室のあるホテルで話そう、ということになったんです。ホテルに行ったのはこの一回きりです。

 A子さんは2つ年上で、お姉さん的な感じで接していました。私的な相談なので、彼女の実家の建設会社や議員活動とはまったく無関係です」

 だが、結果的にビラが撒かれたことで、さまざまな影響が生じている。

「妻や家族もショックを受けていました。今後はこのような軽率な行動はしないと誓いました。8月には議会内でもこの件が問題視され、任意の話し合いで議会の信頼を損ねたことについて謝罪しました」

自分の車からA子さんの車の助手席に移動する松本憲二議員

 一方で市民に釈明をする予定はないようで、

「議会の会期中の出来事ではなかったこと、プライベートな時間に会っていたことなので、あえて公に何かをするつもりはありません」

 さらに、

「今年の10月には市議会議員選挙があります。このタイミングでビラが撒かれたことについては政治的な意図があるのではないかと勘繰りたくなりますね。

 いずれにせよ、市民のみなさまに投票していただけるのか、いただけないのか。結局は選挙で、私に対する審判が下されるのだと思います」

 そう胸を張る松本市議。

 一連の騒動に政治的な陰謀が絡んでいるのかどうかは不明だが、ラブホ密会を「何もなかった」で突きとおすのはあまりにも苦しい言い訳……。

 来るべき選挙で、玉名市民はどう判断するのか――。