「彼は若いのに、政治家としてものすごく優秀な人物。これらの党を背負っていく人材ですよ。だから、今回の一件は残念ですね。本人も“軽率だった”と反省していますが、私どももみんなで叱咤、叱責したところです

 そう嘆くのは、日本共産党の重鎮である穀田恵二衆院議員。“彼”とは、同じ共産党で東大卒の元弁護士という経歴を持つ山添拓参院議員(36)のことだ。そんな生粋のエリートがやらかしてしまった――。昨年11月、埼玉県長瀞町を走る秩父鉄道の線路に無断で立ち入り、埼玉県警が鉄道営業法違反の疑いで書類送検していたことが、18日に判明した。

 山添議員は鉄道ファンで、とくに列車の写真撮影を趣味とする“撮り鉄”だ。その日は、鉄道のイベントで長瀞町を訪れていたときだったという。なぜ違法行為をしてしまったのか――。山添議員に話を聞いた。

「線路を1秒ほど横切っただけです。線路上で撮影をしていたわけではありません。そこは線路脇の側溝に、地域の住民が架けたと思われるコンクリートの板があった。周囲の道も踏み固められていたので、普段から利用されているものと思ってしまい……」

 だが、現場にいた警察官に呼び止められて、

「軽犯罪だと告げられていました。そのときは書類送検されるかどうかはまだわからなかった。翌日、党本部にはすぐに報告して、厳重注意処分を言い渡されました」(山添議員)

離党は考えていない

 離党については、

「書類送検で、起訴や有罪にはまだなっていないので、いまの段階では離党などは考えておりません。ですが、そうなったときにはじっくり考えてからどうするか決めたい」(同・山添議員)

山添議員は自身のツイッターで違法行為を弁解

 だが、違法行為をした具体的な場所についてだけは“いまは差し障りがあるので、具体的には言えない”と口を閉ざしてしまった。

「長瀞町のポイントなら、あそこしかないよ。撮り鉄ならみんな知っている」

 そうこっそり教えてくれたのは、撮り鉄歴40年の男性。おそらく、その場所は秩父鉄道の樋口駅から北東方向へ700mほどのところだという。そこで、取材班は現地へ。

ここは撮り鉄が多いところでね。汽車は朝10時と、午後3時の1日2回だけしか通らないんだけど、人が結構、集まるのよ。とくに桜がきれいな春はすごいよ。地元民からすれば、汽車なんて煙で洗濯物も畑も汚れるから、迷惑なだけなんだけどね(笑)」(現地の住民)