「国民のほうを見て、政治をやっていただきたいなと思います」

 9月30日、出演するラジオ番組で岸田文雄自民党新総裁について私見を語った、俳優の石田純一。最終的に断念したものの、'16年には都知事選出馬を表明するなど、政治に関しても何かと“お騒がせ”な人物だが、昨年11月にはある計画を語って話題を呼んでいた。

一部週刊誌の取材に対して“映画監督をやりたい”と発言。脚本を執筆中で、出演交渉をしてOKをもらっているキャストもいると話しました。全貌を語ることはありませんでしたが“撮影は、来年早々には取りかかりたい”と口にしていて、かなり意欲的な様子でした」(スポーツ紙記者)

 キャストの具体的な名前は伏せながらも“すごい楽しみな配役”“あっと驚くような俳優さんもいっぱい”など、意気揚々と語った石田。息子のいしだ壱成も、直後のワイドショーで自らもオファーを受けたことを明かしていたが、計画に対する世間の風当たりは強く……。

「石田さんは、コロナ感染が判明した昨年4月に沖縄でゴルフをしていたことに加え、その後も外出する姿がたびたび報じられていて“危機意識がなさすぎる”と何度も批判を受けてきました。そんな中での“監督デビュー宣言”には、ネット上で《静かにしていればいいのに》《映画をナメんな》などの否定的な声が殺到。その後、作品についての情報はいっさい報じられていません」(同・スポーツ紙記者)

昨年4月には沖縄で新型コロナに感染していたことが発覚、一時は入院し生死の境をさまよった

石田純一、映画の計画を語る

 いまだ謎に包まれたままの監督計画。実は、石田が映画製作を口にしたのは今回が初めてではなかった。

'07年、トークショーで“脚本を執筆中で、来年には映画の監督と演出に挑戦したい”と語っていました。'16年にも映画のイベントで“監督をやりたい”と発言。しかし、いまだ実現しておらず……今回の発言も、どこまで本気なのか不確かなところです」(映画ライター)

 世間からの強い逆風を受けて、またまた頓挫してしまったのか……。10月上旬、プロジェクトの現状について尋ねるため、自宅付近で石田を直撃した。

─映画の計画は順調ですか?

「ええ、まあなんとか」

─資金集めはうまくいっていますか?

「大丈夫です。うまくいっております」

─内容はアクション映画?

いや、スパイ映画です

─息子の壱成さんにもオファーしたとのことですが、ほかの出演者は?

「…………」

─撮影は始まりましたか?

「…………」

 詳細を尋ねると、途端に言葉を濁す。