「10月12日の午後、紀子さまと眞子さまと佳子さまがおそろいで、手話にまつわる映画をお住まいで鑑賞されました。

 ご覧になったのは『全日本ろうあ連盟』創立70周年に際しての記念映画で、耳の不自由な女性がさまざまな壁を乗り越え、手話の素晴らしさを描いた作品です。

 ただ、鑑賞する眞子さまのお顔は以前よりもほっそりされた印象を受けました。やはりご病気の影響もあるのでしょうか……」(皇室担当記者)

年明けまで渡米できない可能性

 宮内庁から『複雑性PTSD』の状態にあると明かされ、精神的な不調が心配される眞子さま。一方で、お母さまから引き継がれた手話をテーマにした映画を、佳子さまとともに鑑賞されたのは、皇室にいる残り少ない時間を大切に過ごされているのかもしれない。

「10月26日に小室圭さんと入籍した後の眞子さまは、一時的に都内のマンションや、今は使用されていない宮邸に滞在される見通しです。

 夫となる小室さんは、就職先であるNY州の法律事務所に“早く戻ってくるように”と急かされているそうで、入籍後はそう時間を空けずに彼1人だけでアメリカに戻る予定みたいです」(秋篠宮家関係者)

『全日本ろうあ連盟』創立70周年記念映画をご覧になる紀子さまと眞子さまと佳子さま

 しかし、「眞子さまの渡米は周囲の想定よりも遅くなる可能性がある」と、この関係者は続ける。

「当初は入籍から1か月ほどかけて、パスポート取得やビザの申請を行ってから渡米する予定だったそうです。しかし、それらの手続きに想定よりも時間がかかる見込みで、遅ければ渡米が年明けまでずれ込む可能性が浮上しているんです。ご本人としては“入籍するまで”が大切で、渡米の時期自体はそこまでこだわっておられないのかもしれません