「ひとり一人のお客さまが安心してご利用できるよう、みなさまのご協力をお願いします」

 千葉県市川市のJR本八幡駅では、こんな構内アナウンスが朝、昼、夕方と1日に3回ほど流れている。この声の主は千葉県を中心に活躍していたロックミュージシャンのJAGUAR(ジャガー)さんだ。

JR本八幡駅に掲示されているジャガーさんのポスター

地球から故郷の星に“帰還”

 彼は1980年代から地元のチバテレビで番組枠5分を買いとってHELLO JAGUARという自身の音楽番組を放送。近年は月曜から夜ふかし(日本テレビ系)に異色のご当地ミュージシャンとして取り上げられて人気を博す。さらに映画『翔んで埼玉』に伝説の千葉県人役として出演するなど、活動の幅を広げていた。

 ところが10月4日、ジャガーさんの所属事務所が突然、次のような発表をした。

《令和3年、JAGUAR星人のJAGUARが、大好きな地球よりJAGUAR星に帰還いたしました。ここに地球でのご厚誼を深く感謝するとともに、謹んでお知らせ申し上げます。帰還の具体的な時期と理由に関しましては、JAGUARの意思により非公表とさせていただいております。地球での音楽活動、タレント活動、全ての活動において、皆様からの沢山の愛をいただけましたことを、心より感謝申し上げます》

 ジャガーさんには、世を忍ぶ仮の姿があった。それは洋服のお直し店など手広くビジネスを展開する実業家の顔であり、地元ではそちらのほうでもちょっとした有名人だった。そのため、事務所の発表後、地元・市川市の住民の間でさまざまな憶測が飛び交っている。ある住民は、

地元ではジャガーさんはタレント活動や仕事から引退しただけという意見と、亡くなったという意見に分かれています

 別の住民は、

「ここ半年ぐらいは、ほとんど見かけなくなってしまったし……」