「ヤバい女になりたくない」そうおっしゃるあなた。有名人の言動を鋭く分析するライターの仁科友里さんによれば、すべてのオンナはヤバいもの。問題は「よいヤバさ」か「悪いヤバさ」か。この連載では、仁科さんがさまざまなタイプの「ヤバい女=ヤバ女(ヤバジョ)」を分析していきます。

第65回 長谷川京子

 女優・長谷川京子(以下、ハセキョー)がポルノグラフィティ・新藤晴一と離婚を発表しました。驚いた方もいるでしょうが、私には離婚は既定路線というか、何年も前から危ういものを発していたように思えるのです。

 ハセキョーと言えば、ここ最近、見た目の“変化”が話題に上がることが増えていました。顔も身体もどんどん変わっていく。変化に対する受け止め方は人それぞれですが、それよりも、私がヤバさを感じたのは、彼女の服装なのでした。

露出過多に感じる“夫の存在感の薄さ”

ベストジーニスト賞で、“広い背中”を見せた長谷川京子

 2019年にハセキョーは「第36回ベストジーニスト2019」の「協議会選出部門」を受賞します。胸の谷間が少し見える黒のキャミソールとデニムで登壇したのですが、ふとしたときに後ろを向いたところ、背中がぱっくり開いていることがわかります。日ごろのトレーニングの成果というか、贅肉のないすっきりした背中を見せたかったのかもしれません。むきだしの背中から推察するに、ノーブラということでしょう。お子さんを産んでなお、美しい背中とバストを維持する女性芸能人は尊敬されますから、これは彼女のお仕事の範疇と言えるでしょう。

 しかし、どうも、露出は仕事のときに限らないようです。今年の5月30日、《子どもはやはり、デニーズが好き》というコメントとともにインスタグラムにアップされた画像は、またしても胸の谷間が見えたもの。仕事で必要に駆られているわけではなく、ビーチでもない。家族連れが多いファミレスという場所での露出は、あまり適切ではないように個人的に思いますが、私の意見などどうでもよい。この状態がほのめかすのは、夫の存在感の薄さ、会話の少なさではないでしょうか。

 大人になると、多少おかしなことをしていても、正面切ってそれを他人に指摘されることは少なくなります。例えば最近の日本の気候はほぼ熱帯と化していますが、夏場、外回りをしてきた営業マンが、汗をかきすぎてクサいとします。職場の人たちは迷惑だと思ってもデリケートな問題なので、「クサいですよ」とは言いにくいもの。こういうとき、頼りになるのが家族だと思うのです。信頼する家族に指摘されれば「そうだったのか! 気をつけなくては」と思うでしょうし、「言ってくれてありがとう」と家族に感謝もするはずです。

 しかし、家族であっても精神的な距離が遠いと、相手がクサいことにすら気づかないこともあります。また、家族との関係性がよくない場合、家族の指摘を頭から聞き入れないこともあります。そんなことが続くと、家族も「もう注意してやらない、会社でクサいと思われればいい」とさじを投げることもあるでしょう。

 服装やにおいのように、直そうと思えば簡単に直せることを放置すると「ヤバい人」と言われがちです。しかし本当にヤバいのは、その背後にある、夫婦もしくは家族とのコミュニケーション不全ではないでしょうか。