10月に放送された『テレビ千鳥』(テレビ朝日系)の1時間スペシャルにゲストで菅田将暉が出演した。内容は、服好きで知られる菅田が千鳥の大悟に服を選ぶというもの。番組出演時、菅田は衣装ではなく私服で登場。

「古着ブーム」の要因

 千鳥の2人に尋ねられ、着用していたのを、“スウェーデン軍の軍物のパンツ”と明かした。この“軍パン”が今、ファッション好きの若者の間で話題となっているのだ。この下にある画像をご覧いただきたい。

フリマアプリ『メルカリ』でスウェーデン軍のパンツは価格が高騰している

 こちらは誰でも自由に商品を販売できるフリマアプリ『メルカリ』の画面。“スウェーデン軍 菅田将暉”で検索すると、売り切れのものも含め、多数出品されている。値段は3万円前後が中心だ。

 驚くべきはこの軍パン、以前はだいたい3000円程度で取引されていたもの。現在は若者を中心に古着がブームということもあり、菅田の購入金額はそれより上がっていたようだが、菅田がこのパンツを着用していることを明かして以来、相場がさらに跳ね上がっているのだ。なぜこれほど高騰しているのか……。

「'11年の『H&M』の日本上陸が象徴となっているファストファッションブーム、そして著名デザイナーとのコラボレーションによりファッション的なイメージが向上した『ユニクロ』など、日本では低価格ブランドの人気が長年続いていました。

 現在の若者の古着ブームの最大の要因としては、近年は低価格ブランドのデザインの同質化が進んでおり、どこでも似たような服しか買えないので、個性的な服を求める若い人が古着に魅力を感じているのではないかと思います

 そう話すのは、『結局、男の服は普通がいい』などの著作があるファッションアナリストの山田耕史さん。現在の古着ブーム下にあって、実は菅田が着用した軍パンだけでなく、いろいろな古着が高騰しているという。