女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘教の厳しい修行を終え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんの感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 10年間、不倫を続けている12歳年上の彼がいるのですが、昨年、奥様がご病気で亡くなりました。彼には結婚しているお嬢さんがいて、昨年はお嬢さんご家族が彼をフォローしてくださっていました。コロナのこともあり、私は電話やオンライン、LINEなどで連絡を取り合っていました。先日、正式にプロポーズをされたのですが、なぜか突然、彼に対する思いが冷めてしまったのです。それはあまりにも薄情でしょうか。
(32歳・広告代理店勤務/神奈川県)

寂しさからくる「求める愛」をあなたは埋めることができないのです

 彼の奥さんが亡くなられ、嫁いだ娘さんとその家族の励ましで立ち直った彼からのプロポーズを受け入れられないということですね。

 彼と娘さんとの血のつながりと、心の深いところからくる奥さんへの思いを感じたのでしょう。自分の立場は精神的なつながりが希薄だったと離れた期間に冷静になり、現実を理解したのです。彼への心と身体の執着がはずれ、われを取り戻したのですね。

 身体のつながりでピンと引っ張り合っていた糸が緩んでしまったのだと思います。

 彼の求婚は寂しさからの「求める愛」によるもの。それを受け入れられないあなたは、今までも安定した妻の座を求めていなかったのです。

 あなたの愛は「求める愛」を埋めるものではないと無意識に判断したのでしょう。

 それでまた、ご自身を責めているようですが、あなたは愛の学びをしているのです。

 愛にも、いろいろな愛があります。依存の愛、奪う愛、嫉妬の愛、無責任な愛から与える愛、無償の愛、さらに宇宙的愛と進化します。

 あなたの愛も、寂しさから認めてほしいと「求める愛」だったのかもしれません。または、お互いに許されない「感情の愛」に燃えていたのかもしれません。

 でも、本当の愛がそこにあったのでしょうか? 競争相手がいる愛から面倒を見る愛になったとたんに、彼に魅力を感じなくなったあなたのエゴに気づく必要があります。

 ヒマラヤシッダー瞑想であなたの心を純粋にすると、あなたに慈愛が現れます。心の奥深くに純粋な愛が目覚め、周りに無償の愛を与えられる人になれるのです。「欲しい欲しい」の愛から、与える愛を得るのです。そうなったら、彼との結婚を考えればいいのではないでしょうか。

 あなたは、これからさらに仕事に生きるのか、あるいは彼とお互いを鏡として対峙して人間として成長していくか、選ぶことになるでしょう。

 結婚には責任が生じます。その中で自分を磨く選択があります。お互いに気づきを深め、共に成長していくのがいいのではないでしょうか。あるいは、相手の幸せを祈りつつ、別々の人生に、それぞれが責任をもって進んでいくのもよいでしょう。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……究極のサマディに達して下界で活躍する世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本に道場を持ち、ディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。全国で指導を展開。人生を変える本質的な生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイトhttps://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。著書多数。Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》