「『ルミネエスト新宿』内にあるいくつかのショップで、服部容疑者が事件直前に買い物をしていたんです」

 そう話すのは、アパレル関係者。声を潜めてこう続けた。

「……そこで購入した服を着て、あの凶行に走ったんです」

 10月31日、ハロウィンの夜に起きた無差別テロ。走行中の京王線の車内で乗客が刺されるなど十数名が重軽傷を負う大惨事が発生した。殺人未遂の現行犯で逮捕されたのは、住所・職業不明の服部恭太容疑者(25、犯行時24)。

「警視庁調布署捜査本部は22日、複数の乗客に火をつけて殺害しようとしたとして、殺人未遂と現住建造物等放火容疑で服部容疑者を再逮捕しています」(全国紙社会部記者)

 犯行時、服部容疑者はまるでアメリカの人気映画『バットマン』シリーズに登場する悪役『ジョーカー』のような派手なスーツとネクタイ姿だった。

「警察が駆けつけてくるまで、車内の座席で足組みをしたまま、煙草をくゆらせるという容疑者のふてぶてしい姿が報道されました」(同・社会部記者)

犯行時に着ていた“モテる服”

 容疑者は“勝負服”を購入するために、『ルミネエスト新宿』内のとあるショップに立ち寄った。そこは海外ブランドも取り扱っている20〜30代向けのメンズブランドなのだが、そのコンセプトはというと、

《モテる男のワードローブ》

 事件時も、やはり異性の目は気にしていたようだ。

「ジョーカー」風の格好で犯行に及んだ服部恭太はタバコを燻らせた(ツイッターより)

 前出のアパレル関係者がさらに続ける。

「容疑者は20万円をキャッシングしてきて、ルミネ内にあるいくつかのショップでそのお金をすべて使いきったようです」

 前出のブランドでは、約7万円のコートを購入したという。容疑者は物静かな青年だったという報道があったが、

「接客した店員によると、容疑者は大人しくていい人だったようです。実はその日、ポイント倍増キャンペーンの期間中でした。なので、高額のお買い物をされたお客様にはアプリ会員の登録を勧めていて、容疑者にも紹介したそうです。すると、素直に住所や名前を入力して登録してくれたとか。男性客は面倒がってアプリ登録はしてくれない方も多いらしいんですが、店員の申し出を断りきれなかったんですかね。そもそも、貯まったポイントを使うつもりだったのか……」(同・アパレル関係者)

 福岡市出身の服部容疑者は、今年の夏に地元を出て神戸、名古屋、八王子のホテルを転々としていた。

「仕事も友人関係もうまくいかない。でも自分では死ねないので大量殺人で死刑になろうとした」

 と供述している服部容疑者。小心者が最悪のジョーカーになってしまった……。