12月1日に天皇・皇后両陛下のご長女で、『学習院大学』2年生の愛子さまが20歳の成人をお迎えになった。

「初めて私の胸元に連れてこられる生まれたての子供の姿を見て、本当に生まれてきてありがとうという気持ちでいっぱいになりました。今でもその光景は、はっきりと目に焼き付いております。

 生命の誕生、初めておなかの中に小さな生命が宿って、育まれて、そして時が満ちると持てるだけの力を持って誕生してくる。そして、外の世界での営みを始めるということは、なんて神秘的で素晴らしいことなのかということを実感いたしました」

 愛子さまが誕生されてから5か月後の'02年4月、当時皇太子妃だった雅子さまは、出産された際のお気持ちをそう述べられた。

 それから20年、愛子さまはご両親が皇族として公務や祭祀を行われる姿を見ながら、天皇直系の子女として健やかにお育ちに。

「成年に際しての行事は12月5日、記者会見に関しては来年3月ごろに行われる見通しとなりました。成年行事では『ローブモンタント』という白いドレスをお召しになり、叔母にあたる黒田清子さんが所有するティアラを借用される予定です。コロナ禍で困難な生活を強いられている国民がいる中で“高価なティアラを新調することは好ましくない”と、ご家族で相談されて決めたそうです」(皇室担当記者)

 これまで“不登校問題”や“激やせ騒動”などが取り沙汰されるなど、決して平坦な道のりではなかった愛子さまの20年。両陛下からの愛情をいっぱいに受けながら成長されてきた日々。

 そのお名前のように「人を愛して人からも愛され、人を敬い人からも敬われる」内親王として、これからも“国民とともに歩む”皇室を体現されていかれることだろうーー。

◆秘蔵写真で振り返る愛子さまの20年

●2001年12月1日、天皇皇后両陛下(当時・皇太子さま雅子さまご夫妻)の第1子としてご誕生。身長49・6センチメートル、体重3102g。称号「敬宮」、名は「愛子」と決められた。

2001年12月1日、天皇皇后両陛下(当時・皇太子さま雅子さまご夫妻)の第1子としてご誕生。身長49・6センチメートル、体重3102g。称号「敬宮」、名は「愛子」と決められた

●1歳の誕生日を迎えられた愛子さまの抱っこを雅子さまと交代される陛下。ほほえましい光景とともにイクメンぶりを発揮。

1歳の誕生日を迎えられた愛子さまの抱っこを雅子さまと交代される陛下。ほほえましい光景とともにイクメンぶりを発揮

●歩けるようになった愛子さまのキュートなポーズ。葉山御用邸裏の一色海岸では砂遊びや地元の子どもたちと触れ合った。

歩けるようになった愛子さまのキュートなポーズ。葉山御用邸裏の一色海岸では砂遊びや地元の子どもたちと触れ合った