ふたりがニューヨークに旅立ったことで“小室狂想曲”もようやく落ちついたかにみえたが……。

 小室圭さんの母親の「借金トラブル」が報じられてからの数年間、眞子さんの結婚という慶事だった話題がゴシップに姿を変え、皇室ニュースに興味がなかった層をも巻き込んでの“一大ムーブメント”になったことには論を俟(ま)たない。

 元々“皇室ネタ”は人気があり、テレビ・新聞・週刊誌のキラーコンテンツ、いわゆる“ドル箱”であった。それにスキャンダル要素が加わったわけだから、これほど強いものはないだろう。ふたりの一挙手一投足に多額の税金が使われているということも国民感情を大きく動かした。毎週のように週刊誌はその話題を取り上げ、ワイドショーも軒並み視聴率を上げることに。

 メディアにとってまさに“K・Kバブル”が続いていたわけだが、それも“結婚”と“金銭トラブルの解決”でついに終焉を迎えたという。出国の様子は最後の大花火とばかりにテレビ各局がこぞって報じたものだった。

 NYに旅立ったあとのふたりは──。

報じる“大義名分”

 週刊誌の読者の中にいる“皇室ファン”には「衝撃的な写真が見たい」と思うような意見はそれほど多くない。「セレブ生活」なのか、あるいは「庶民的な暮らしぶり」なのか、皇室を離れた後の日常生活を垣間見ることができればそれで満足なのだという。読者の興味に応えるのが週刊誌の性。先日も『女性セブン』(12月9日号)がNYでの暮らしぶりを写真つきで報じている。

 10分程度で歩けるメインストリートを40分もかけて仲睦まじそうに歩いているカラーの鮮明写真から察せられるのは、労を厭(いと)わない“現地取材”というやつだ。さらに、今では現地のパパラッチと契約して写真を撮らせるメディアもあるという。

荷物を抱えて周囲をキョロキョロ、《迷子》と報じられた小室眞子さん(『デイリーメール』オンライン公式HPより)

 しかし、一方のテレビ。情報番組のディレクターは出国したふたりについて、このように嘆く。

「大義名分がなくなりました」

 ふたりを報道する理由がなくなったというのだ。