《警察の方々にお世話になってしまいました》

 12月1日、YouTuberのヒカルがこのようなタイトルの動画をアップし、話題を呼んでいる。

“警察のお世話”というのは、11月30日にヒカルと撮影スタッフたちが高級ミニバンのトヨタ・アルファードに乗って動画撮影中のこと。運転手がカーナビの指示通りに右折したところ、右折禁止の時間帯だったことから警察官に止められ、交通違反で減点。そして、車検証を提示した際に「車検切れ」が発覚したのだという──。

「会社の車だったんで、まったく車検を確認せずに乗っていたことが判明いたしまして。“これさすがにアウトだね”と警察の方に聴取されて、供述書みたいなのを話して書いていただいて、お世話になってしまったという話なんですよね」

「事の重大さをわかっていない」

 翌日に緊急動画をアップしたのは理由がある。すでに、路上で複数の警察官に囲まれる彼らの様子が一般人に撮影され、SNSで拡散されつつあったからだ。ヒカルは、

「ちゃんと自分の口から言っとかないと、変に勘違いされてよく分かんない方向にいったりする」

 と事情を説明。コメント欄には《迅速な対応は大事ですね》《いつも何かあったらすぐに説明動画上げてくれるの、さすが》といったファンからのコメントも多く寄せられていた。ヒカルも動画内で「1年2年ずっと車検を受けずに乗っていた可能性あるんで。それは本当にやばいなって思うんで。もう、なんなら逆に一番大きな事故を避けられてよかったなっていう」との発言を残しているが……。

警察に囲まれるヒカルの写真はSNS上で拡散されつつあったという(ヒカルYouTubチャンネルのサムネイルより引用)

ヒカルさんは事の重大さをわかっていませんね。個人としてももちろんですが、社用車で車検切れなんて普通はありえないですよ。車検が切れている車のほとんどは自賠責が切れていますし……。

 もしその状況で公道を走った場合は、違反点数12点(前歴がない場合)、90日間の免許停止、1年6ヶ月以下の懲役または80万円以下の罰金といったペナルティーが下されます。酒気帯び運転の違反点数が13点ですから、違反ではなく、もはや犯罪に近いですよ。動画の後半では今後アップする動画の宣伝トークをしていたことからも、そこまで大ごとではない、と捉えているのでは?」(カーディーラー)