「こんなにヒゲを生やしてテレビに出たことがなかったので、最初は自分の中で違和感があったんですけど、周りの方から似合っていると言ってもらえて、ホッとしました(笑)」土曜ドラマ『風の向こうへ駆け抜けろ』で、緑川厩舎の調教師・緑川光司役を演じている中村蒼。渋いヒゲ姿がとても似合って、大人の男の魅力が全開!!

「馬とも通じ合える」

 厩舎や馬とのシーンなどは岩手県に滞在して撮影。

「水沢競馬場というところで、乗馬の練習をさせていただいて、そのまま撮影もしました。空気が澄んでいて静かで、ものすごくいいところ。こういうところに住めたらいいなと思いました。

 空き時間は近くの温泉に行ったり、1日空いている日があったので、盛岡まで行って神社や温泉を回りました。振り返ると、よくお風呂に入っていたような記憶が(笑)」

 光司は元スタージョッキーという設定。乗馬の練習はどうだったのだろう?

「ジョッキースタイルは常に腰を上げて、お尻をつかずに乗るので、それは大変でしたね。太ももとか筋肉痛になってしまって、最初は3日くらい使い物にならなかったほど(笑)。

 でも、馬に乗るのはとても楽しいです。気持ちいいし、お馬さんには癒し効果があるというのを日々、実感しています。大きくて触りごたえもあるし、賢いのでこちらの言うことをわかってくれて、関係性を築くと通じ合えるんですよ。本当にかわいいです」

中村蒼 撮影/齋藤周造

 だが大変なこともあった。

「やっぱりあれだけ大きい生き物だし、常に緊張感は持ちながら接していました。馬それぞれに性格が違って、落ち着かない子もいますし。プロの方も“馬といるときは緊張感を切らしたことはない”とおっしゃってましたね」