第98回箱根駅伝(1月2、3日)の号砲間近。初出場・駿河台大学を率いるのは徳本一善監督。'00年、レース序盤を席巻した法政大学の“オレンジエクスプレス”の立役者で、大会史上初となる茶髪&サングラス姿で箱根路を爆走。ビッグマウスもあいまって、4年時の途中棄権はあまりに劇的だった。

 そんな名物選手だった徳本監督と、大学は違えど同級生なのが和田正人。日本大学時代には主将を務め、箱根駅伝を2度走った経験は、芸能界では激レア。同じとき、同じ大会を駆け抜けた2人の対談は、全メディアを通じて初。学生時代、再会、そして'22年箱根のレース展望……ブレーキなしでお届けします!

◆   ◆   ◆

徳本一善(以下、徳本)「箱根駅伝の盛り上がりはすごいですね。10件以上取材を断ったけど、次から次へと来る。初めて秘書がほしいと思った」

和田正人(以下、和田)「僕との取材だったら、そりゃ断らないでしょ?同期ですから」

徳本「まあね」

和田「何げに、仕事として一緒になるのは初めてだね」

徳本「そうだね。毎年バカ騒ぎしてたけど。コロナのせいでそれも'21年はできてないしね」

和田「まあ'22年はやりたいよね。徳が箱根に戻ってきたし。ここ5、6年かな。同期会やってるのよ。大学をまたいで、長距離やってた面々と。きっかけは僕が(徳本監督の所属事務所の代表である)小林渉さん(※注1)と会ってたときに、渉さんが“これから徳と落ち合う”って言って。僕の車に、すっげー久しぶりに会う徳を乗せるっていう(笑)。『陸王』('17年)をやるちょっと前かな?」

徳本「それで同期会をやろうって流れになって。僕が“79年生まれは強制参加”ってバーッと連絡して」

和田「だって僕、陸上界にいるメンバーとほぼつながってなかったから」

ーー徳本監督は孤高のイメージがあったので、同期と仲良くしていたのは意外です。

和田「僕は昔の徳をあんまり知らないから。孤高のイメージはないなぁ。大人になった徳は社交性もあるし、よくしゃべるし。それに、後輩はけっこう可愛がってたでしょ?」

徳本「そうだね。先輩に嫌われて、後輩に好かれるっていう特性があって。坪田さん(※注2)?めちゃくちゃケンカしましたね(笑)」

和田「あはははは」

学生時代は雲の上の存在だった

ーー学生時代、お互いに面識はあったんですか?

和田「徳は高校時代からスター選手で、雲の上の存在だから。僕は大学4年でインカレに入賞するくらいのレベル。現役時代、ほとんどしゃべったことない。僕の存在すら知らなかったんじゃないかってくらい」

徳本「いや、知ってたよ。印象に残ってるのは、NECの陸上競技部が廃部になって。(前出の)小林さんから“俳優を目指している面白いのがいる。和田っていうんだけど”って話を聞いて。“日大の元エースじゃないですか!”っていう

和田「へぇ、そうだったんだ。昨日、思い出してたんだけど、徳とレースで一緒になったのって2回くらい。画像検索したら、写真出てきたよ。'01年の『関東インカレ』1万m決勝」

徳本「本当だーーー!」

和田「よく見て。この中でサングラスかけてるの、徳と僕しかいない(笑)

徳本「正人もサングラスかけてたの!?」

'01年の『関東インカレ』1万m決勝の写真をスマホで見る徳本一善監督と和田正人。懐かしそう! 撮影/渡邉智裕