12月上旬の東京・六本木。テレビでもたびたび取り上げられる人気しらす料理店に、ある大物俳優が訪れた。

「大沢たかおさんがフラッと入店してきたので驚きました。会話の内容から一緒にいた男性たちは広告代理店関係者のようで、しらす料理を肴にお酒を楽しんでいましたね」(居合わせた客)

 高知出身の女性店主が地元産のしらすにほれ込み、オープンした有名店だ。

「もともと店主は銀座でソムリエをしていたこともあり、顔が広いんです。芸能人はもちろん、政治家や映画監督もよく足を運んでいると聞きました」(グルメ誌ライター)

 超がつくほどの偏食で知られる大沢だけに大好きな肉と魚にはこだわりが強いようだ。

大沢さんの祖父母が東京の築地市場で中卸業を営んでいた関係で、小さなころから食卓には新鮮な魚が並んでいたそうです。そんな家庭で育ったこともあり、大沢さんが雑誌などで紹介する寿司店などはグルメ通からも評判が高い店ばかり。このお店も、以前からチェックしていたんでしょうね」(同・グルメ誌ライター)

しらす店で女性店員にみせた“神対応”

 '19年に公開された映画『キングダム』で屈強な肉体を持つ王騎役を演じるため、体重を15kg増量する大胆な肉体改造が話題になった。

「'21年に撮影が行われた続編では、大沢さん演じる王騎がメインキャラクターになるとあり、さらなるトレーニングを行いました。トータルでは20kgほど増量したのではないでしょうか」(映画配給会社関係者)

 撮影後もその鍛え抜かれたボディは健在で、しらす店ではこんな神対応をする場面も。

女性スタッフがジュースのフタが開けられずに困っていたところ、それに気づいた大沢さんがかわりに開けてあげたんです。かたく閉まっていてスタッフはかなり苦労していたんですが、大沢さんは一瞬でパカッ……って(笑)」(前出・居合わせた客)

 ドラマや映画の撮影で日ごろから多忙な大沢も、この日はしらすからパワーをもらったようだ。

お店の看板メニューである『禁断のバターしらす丼』を〆で頼んでいたのですが、“幸せだ~”と、目を輝かせていました。よほど気に入ったのか、お土産にしらすのオイル漬け3点セットを購入して、笑顔で帰っていきましたよ」(同・居合わせた客)

看板メニューの禁断のバターしらす丼を目当てに連日多くの人が訪れる

 グルメに加え、好きな食材は大量に摂取すると公言している大沢は、食材を業者から直接仕入れることも。

肉は5~6k​g単位で毎週業者に持ってきてもらうと出演した番組で明かし、共演者を驚かせていました。そんな彼がお土産に買うほど気に入ったという噂が広まれば、そのしらす店は今後ますます人気になりそうですね」(テレビ局関係者)

 一流俳優のパワーの源は、絶品グルメなのかも!?