今年も忘年会シーズンがやって来た。コロナ過に入り二度目の年末となるが、昨年と違う点は、会食制限が明けたこと。「忘年会の予約承ります」といった貼り紙が目立つ店も増えてきた。

 そこで今回、「忘年会で盛り上がるジャニーズソング」と題したアンケートを実施。男性273人、女性311人、計584人に回答いただいた。年代はやや20代が多いものの、10代~70代にかけてほぼ15%前後の割合となっており、往年の名曲から近年のヒットチャートを賑わせたものまで、さまざまなナンバーが並んだ。

■10位(11票/同率):『シンデレラガール』King & Prince

 2018年に発売されたKing & Princeのデビューシングル『シンデレラガール』が10位にランクイン。リリース当時は平野紫耀、永瀬廉、高橋海人、岸優太、神宮寺勇太、岩橋玄樹の6人グループだったが、2021年3月末に岩橋が脱退している。平野紫耀が神楽木晴役で出演したドラマ『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』(TBS系)の主題歌になったことも人気の理由のひとつ。結成して若いグループということで、10代~30代からの支持を集めた。

「キラキラした王子様ソングで盛り上がると思う」(20代・女性)

「『シンデレラガール』がきっかけでキンプリを好きになったから」(20代・女性)

King&Prince(2019年)

■10位(11票/同率):『WAになっておどろう』V6

 今年11月1日をもって解散したV6(坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、森田剛、三宅健、岡田准一)が1997年に発表した『WAになっておどろう』も同率で10位に。2014年にV6がNHK紅白歌合戦に初出場した際に歌った思い出ソング。広い世代に愛される名曲となっている。

「昔、皆んなで肩を組みながら歌いました!」(40代・男性)

「ライブとかでも盛り上がれるから」(15歳以上・女性)

V6

■10位(11票/同率):『青いイナズマ』SMAP

 2016年に惜しまれつつ解散したSMAP(中居正広、木村拓哉、稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)が1996年にリリースした『青いイナズマ』も同率。『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)の第1作目の番組テーマソングとなった記念すべき曲だ。また、SMAPの元メンバーの森且行が脱退し5人体制となって初めて出したシングルでもあり、歴代シングル中5位の売り上げを叩き出した。

 疾走感ある曲調が特徴となっており、寄せられたコメントにはこんな声が……。

「独りで歌ったら知らないうちにみんなが歌いだした」(60代・男性)

「みんなが知っている盛り上がった事があるから」(40代・女性)

 など「盛り上がる」という理由が多く挙がった。

デビューしたてのSMAP

■8位(12票/同率):『宙船』TOKIO

 8位にランクインしたのは、TOKIOが2006年にリリースした『宙船』。歌手の中島みゆきが自身のアルバムに収録していた曲だが、ジャニーズ事務所より依頼があり提供。TOKIOのシングルとしては、デビュー曲『LOVE YOU ONLY』に次いで2番目の売上となった。

「一番アップテンポな楽曲だと思うためです。勇気の湧く歌詞も心に響くと思います」(30代・男性)

「気分が上がる」(30代・女性)

 なお発表当時、TOKIOは城島茂、国分太一、松岡昌宏、山口達也、長瀬智也の5人グループだったが、現在は城島、国分、松岡の3人で活動中。

TOKIO

■8位(12票/同率):『夜空ノムコウ』SMAP

『宙船』と同率で、SMAPが1998年にリリースした『夜空ノムコウ』も8位に。SMAP初のミリオンセラーシングルとなっている。発表以降、桑田佳祐や小田和正など、さまざまなアーティストがカバーしており、多くの人に愛される名曲でもある。

「懐かしい友人たちとみんなで一緒に歌える。一人で寂しいときにも」(60代・男性)

「昔にもどれる懐かしさがある」(40代・女性)

SMAP('98年『紅白歌合戦』)