2021年も多くの著名人・有名人が惜しまれながらこの世を去ってしまった。週刊女性が撮り溜めた秘蔵写真で振り返る「追悼2021」。その輝きに夢中にさせてもらったこと、教わったこと、エンターテイメントの楽しさを伝えてくれたこと……決して忘れない。

昭和・平成・令和を駆け抜けた名優も

オリンピック柔道金メダル「平成の三四郎」

柔道金メダリスト・古賀稔彦さん

 3月24日、'92年バルセロナオリンピックの柔道金メダリスト・古賀稔彦さんが53歳の若さでがんのため亡くなった。関係者によると古賀さんは、'20年にがんの手術を受けて治療を続けていたという。

 現役引退後は、日本代表のコーチや大学の柔道部総監督として選手を指導。'04年のアテネ五輪では、教え子の谷本歩が金メダルを獲得した際、抱き合って喜ぶ姿が世界中に放送された。

「平成の三四郎」と呼ばれた古賀さんの3人の子どもたちも柔の道に入り、父の背中を追って戦っている。12月9日には、毎日スポーツ人賞の功労賞を受賞し、愛弟子であり五輪2連覇を果たした谷本歩が代わって受け取り「天国で古賀先生も笑顔で喜ばれていると思う」と微笑んだ。

【追悼】古賀稔彦さんが語っていた『古賀塾』教え子たちへの想いと“将来の夢”
https://www.jprime.jp/articles/-/20444

寡黙で不器用な「黒板五郎さん」

田中邦衛さん(1977)

 古賀さんが亡くなった同日、『北の国から』で黒板五郎役を演じた、俳優の田中邦衛さんが老衰のため88歳で亡くなった。田中さんといえば映画『若大将シリーズ』で加山雄三演じる若大将のライバル・青大将で人気を博す。その後の『北国から』で国民的な俳優となった。

 脚本を手掛けた倉本聰さんは「気持ちの中に大きな穴があきましたね。とにかく人間的にも友人的にも無二の人です」とコメント。

 息子・純役の吉岡秀隆は「いつか、この日が来ることを心のどこかで覚悟しておりました。今は邦衛さんの笑顔しか思い浮かびません。自分の覚悟の小ささとあなたの大きな優しさに涙しかありません」、娘・蛍役の中嶋朋子は「幼い頃から、今まで、何も変わることなく、人として、深く接してくださいました。田中邦衛さんという存在に出会い、見守っていただけたことは、かけがえのない宝ものです。役者として、人として、大切なものをたくさん教えていただきました。本当に本当に感謝でいっぱいです。大好きです。出会う人をみんな幸せにしてしまう少年のように無邪気な笑顔ばかりが胸に浮かびます。天国でも、たくさんの人を幸せにしてくださいね。ありがとうありがとうありがとう」と田中さんを偲んだ。

田中邦衛さん、自ら語っていた「引退宣言」と語り継がれる全身全霊の役作り
https://www.jprime.jp/articles/-/20540
田中邦衛は本当に「元気」なのか、近隣住民の証言でわかった妻との自宅闘病
https://www.jprime.jp/articles/-/11274

昭和・平成の名俳優「古畑任三郎」逝く

田村正和さんと妻の和枝さん(1970)

 田中さんの死からわずか10日後、またも日本の名優が旅立った。

 4月3日、心不全で77歳で死去したのは田村正和さん。時代劇のスター・阪東妻三郎さんの三男で兄・高廣さんと、弟・亮ともに俳優の道に進み「田村三兄弟」と呼ばれた。田村さんの訃報を受けて、弟の亮は「兄は幸せな人生を送ったと思います。仕事でもプライベートでも何事も自分のライフスタイルを崩さず全うしたと思います」とコメント。

 ドラマ『パパはニュースキャスター』('87年)、『ニューヨーク恋物語』('88年)など、主演ドラマは軒並み大ヒット。『古畑任三郎シリーズ』('94年〜'08年)は最高視聴率34.4%を記録。来年1月11日には『古畑任三郎 DVDコレクション』の発売が発表された。

田村正和さん「もしお元気だったら」三谷幸喜も待ち望んだ『古畑任三郎』の復活
https://www.jprime.jp/articles/-/20901
田村正和さん、結婚3年目に“100点の妻・和枝さん”にしていた「浮気話」
https://www.jprime.jp/articles/-/20951
田村正和さんが愛用した『古畑任三郎』“30万円セリーヌ自転車”は健在だった
https://www.jprime.jp/articles/-/20993