生き方を問う2人が相次いで……

日本を代表するアクション俳優

週刊女性が最後のメディア取材となった千葉真一さん(2021)
【写真】2021年に亡くなった有名人の秘蔵写真

 メリーさん死去から5日後の8月19日、今度は日本を代表するアクションスターがこの世を去った。「千葉真一さん、新型コロナウイルスによる肺炎で死去」のニュースはコロナの恐ろしさを再認識させ、改めて感染防止の必要性を訴えた悲しい出来事だった。

 週刊女性は千葉さんが亡くなるわずか1か月前にインタビューをしており、そこでは長男の新田真剣佑に対し「俺を超えたな」と認め、次男の眞栄田郷敦とともに親子共演を望んでいた。

 真剣佑は海外での撮影中に父の訃報を知り、帰国しても遺骨に会えないまま納骨されたことが明らかに。

【千葉真一さん死去】先月語っていた息子・真剣佑と郷敦のこと、そして「新たな夢」
https://www.jprime.jp/articles/-/21720
千葉真一さん、80歳を超えてハマった“意外な趣味”と真剣佑と郷敦との最期の夢
https://www.jprime.jp/articles/-/21725
千葉真一さんが売り込んだ、真剣佑と郷敦を従えた「ハリウッド時代劇」の中身
https://www.jprime.jp/articles/-/21730

“生きる道しるべ”を示してくれた2大女性の相次ぐ訃報

細木数子さん
瀬戸内寂聴さん

 六星占術の創始者でタレントとしても多くのテレビに出演して人気者となった細木数子さん死去のニュースが駆け巡ったのは11月8日のこと。心不全のため都内の自宅で83歳で亡くなった。

 その翌日、作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんが同じく心不全のため99歳で死去したニュースが報じられると、「生き方を問う2人が相次いでなくなるなんて……」とネット上では多くのコメントが上がった。

 お二人とも高齢のため晩年はメディア露出を控えていたが、訃報に悲しみの声が広まったのは言うまでもない。

【追悼】細木数子さん「絶対に忘れてはいけない」後継者に語っていた慈愛と予言
https://www.jprime.jp/articles/-/22475
瀬戸内寂聴さん、5年間干された過去と「酒・肉・イケメン」を愛した波乱万丈人生
https://www.jprime.jp/articles/-/22479

鬼平犯科帳、人間国宝とのお別れ

中村吉右衛門さん(1969)

 11月28日、歌舞伎俳優で人間国宝の中村吉右衛門さんが、心不全のため77歳で亡くなった。吉右衛門さんは'21年3月に急性の心臓発作で倒れ、その後は治療に専念するため舞台の休演が続いていた。

 兄である松本白鸚は「別れは何時の刻も悲しいものです。今、とても悲しいです。たった一人の弟ですから。幼い頃、波野の家に養子となり、祖父の芸を一生かけて成し遂げました。病院での別れの顔は、安らかでとてもいい顔でした。播磨屋の祖父そっくりでした」とし、悲痛な胸のうちを語った。

中村吉右衛門、心臓発作の現状と「跡継ぎがいない」播磨屋の”空位危機”
https://www.jprime.jp/articles/-/22350
【秘話】中村吉右衛門さんの娘婿・尾上菊之助が叶えたかった「養子縁組」「復帰公演」
https://www.jprime.jp/articles/-/22643

35歳での急逝に悲しみの声、続々……

神田沙也加さん

 12月18日、札幌のホテルの高層階から転落し、多発外傷性ショックのためこの世を去った神田沙也加さん。夢であった舞台、ミュージカル『マイ・フェア・レディ』出演のために滞在していた。

 父・神田正輝と母・松田聖子は沙也加さんの遺骨を位牌を胸に、“親子3人”で記者会見し、その姿に多くの人が涙を流した。沙也加さんの悲報は年の瀬が迫った12月末まで続き、今でもなお悲しみは続いている状態だ。

神田沙也加さんが生まれた日、立ち会った関係者が語る「本当に幸せな親子だった」
https://www.jprime.jp/articles/-/22803
神田正輝、沙也加さん急逝の計り知れない悲しみ 記者に明かしていた「親子を超えた関係性」
https://www.jprime.jp/articles/-/22792

◆いのちの電話
【相談窓口】
「日本いのちの電話」
ナビダイヤル 0570(783)556(午前10時~午後10時)
フリーダイヤル 0120(783)556
※毎月10日にフリーダイヤル(無料)の電話相談を受け付け
毎月10日:午前8時~翌日午前8時

2021年にお別れした主な著名人・有名人

1月23日  坂本スミ子さん(84・歌手・女優、脳梗塞)
4月11日  隆大介さん(64・俳優、頭蓋内出血)
4月25日  神田川俊朗さん(81・料理研究家、コロナ肺炎)
4月39日  立花隆さん(80・ジャーナリスト、急性冠症候群)
5月5日   富永一朗さん(96・漫画家、老衰)
5月6日   三浦健太郎さん(54・漫画家、急性大動脈解離)
5月23日  片岡秀太郎さん(79・歌舞伎役者、慢性閉塞性肺疾患)
6月18日  寺内タケシさん(82・ギタリスト、肺炎)
6月22日  李麗仙さん(79・女優、肺炎)
6月26日  和田圭さん(68・元フジテレビ解説委員、急性心不全)
6月30日  大島康徳さん(70・元プロ野球選手、大腸がん)
7月16日  酒井政利さん(85・音楽プロデューサー、心不全)
8月14日  ジェリー藤尾さん(81・歌手・俳優、急性肺炎)
8月17日  笑福亭仁鶴さん(84・落語家、骨髄異形性症候群)
9月17日  竹下亘さん(74・政治家、食道がん)
9月20日  風間ルミさん(55・女子プロレスラー、不明)
9月30日  すぎやまこういちさん(90・敗血症性ショック、作曲家)
10月14日  森山真弓さん(93・元政治家、老衰)
10月21日  杉本沙織さん(56・声優、食思不振症)
11月4日  川嶋辰彦さん(81・紀子さまの父親・学習院大名誉教授、中皮腫)

 みなさまのご冥福をお祈り致します。