『十月大歌舞伎』が10月27日に千秋楽を迎えた。

「第二部で上演されたのは『時平の七笑』。平安時代を舞台に、出世を狙う大臣の藤原時平を松本白鸚さん、彼の策略にはまる菅原道真を中村歌六さんが熱演しました。好評のうちに幕を閉じましたが、白鸚さんの弟で、歌六さんの所属する播磨屋の長である二代目中村吉右衛門さんの体調が気がかりですね」(演劇ライター)

当面はリハビリに専念

'11年に人間国宝に指定された歌舞伎界の重鎮・吉右衛門だが、今年3月28日の公演後に訪れたレストランで急性の心臓発作を起こし、救急搬送された。

「直前まで『三月大歌舞伎』の『楼門五三桐』に石川五右衛門役で出演していましたが、千秋楽の29日は甥の松本幸四郎さんが代演。その後『五月大歌舞伎』と『七月大歌舞伎』に出演する予定もありましたが、どちらも降板となりました」(スポーツ紙記者)

今年の九月大歌舞伎は、先代の中村歌右衛門ら成駒屋の追善公演が上演

 最も復帰が期待されていたのは『九月大歌舞伎』だった。

「毎年9月は、初代吉右衛門さんの功績を讃える追善公演『秀山祭』が開催されるのですが、今年は開催されずじまいでした。関係者の話によると、彼はまだ稽古はできませんが、だいぶ元気になっていて、当面の間はリハビリに専念する必要があるといわれているそうです」(同・スポーツ紙記者)

 心臓発作でリハビリとはあまりイメージできないが、具体的にはどのようなものなのだろうか。千葉静脈瘤・循環器クリニック院長で心臓血管外科医の河瀬勇氏に話を聞いた。