'21年7月29日、福岡県中間市の私立『双葉保育園』であってはいけない事故が起きた。園児の倉掛冬生ちゃん(当時5歳)が帰りの送迎バスに乗っていなかったことから、母親が同園に連絡した。

「同園は2台の送迎バスがあり、その日は朝と帰りでバスを替えていた。冬生ちゃんは、駐車場にあったバスの中で倒れていた」(地方紙記者)

 朝の送迎バスは前園長みずからが運転していて、その日は7人の園児が乗っていたが、

「冬生ちゃんは後部座席で寝ていたため、前園長は気づかなかった。バスから降ろし忘れて、そのまま駐車場に止めていたんです」(同・記者)

 車内の温度が50度以上になったバスの中、冬生ちゃんは9時間も放置されることに。発見後すぐに病院に搬送されるも、間もなく死亡が確認された。死因は熱中症によるものだった。

2021年8月5日、福岡県警は双葉幼稚園の現場検証を行った

園児への虐待が指摘されて

 事故から5か月がたった'21年12月17日、福岡県警は業務上過失致死の疑いで職員4人を福岡地検に書類送検した。送検されたのは当時、バスを運転していた前園長(44)、降車補助の保育士(58)、当時の担任保育士(29)、副主任保育士(53)。4人とも容疑については認めている。

 その後、福岡県は同園の安全管理体制に複数の問題があったと指摘。同園は県に対して改善案を提出するも、

“園長が朝の出欠確認をすることが記載されていない”と内容が不十分として再提出を求めました」(福岡県庁の子育て支援課担当者)

 園児への虐待を指摘する保護者からの意見もあり、

再度、特別指導監査を実施して調査を行いました」(同・担当者)

 同園は前園長の祖父が40年以上前に設立。叔父が2代目の園長に就任したが、10数年前に他界して、後を継いだのが前園長だ。だがこの事故を機に、前園長はもちろん、理事長兼主任保育士を務めていた前園長の母親も辞任。前園長の姉も保育士として働いていたが、現在は休養中だ。