女性で史上初の「究極のサマディ(悟り)」に達したインド政府公認のシッダーマスター=ヒマラヤ大聖者、ヨグマタ相川圭子さん。ヒマラヤ秘教の厳しい修行を終え、究極の真理を悟ったヨグマタ=宇宙の母さんに、読者の悩みを相談。辛酸なめ子さんの感性あふれるイラストとともに、解決へとみちびきます。

※今週のお悩み

 ものすごく嫉妬深い束縛癖のある男性とお付き合いを始めて約1年。「男友達とのLINEは消去」「2人の問題は2人の問題だから誰にも相談するな」「男性美容師に髪を触らせるな」など彼一色に染まれ、と言われ、最初のころはそれも楽しかったのですが、だんだんと負担になってきました。でも、この束縛癖や嫉妬深さを除けば、彼のことが好きなのです。彼とどううまく付き合っていけばいいでしょうか。
(26歳・調査会社勤務/千葉県)

彼を変えることはできないのであなた自身が人として成長すること

 嫉妬深すぎる愛、最初は熱愛に喜び、今はそれを束縛に感じるということ。

 人の心は日々変わります。あなたが彼を好きで選んだのでしょうか。最初は楽しくても今は負担になってきて、反対に相手は執着が強くなっています。双方がいまだ心に翻弄されている状態なのです。そして残念ですが、相手の心を変えることはできません。

 最初にあなたが変わらないといけません。相手の嫉妬の原因は、寂しさや自信のなさが根底にあるのかもしれません。過去、母親に求めた愛に執着しているのかもしれません。

 彼の愛は心の愛、つまり利己的な愛です。人はそこから成長していく必要があります。

 それには、与える愛を持つことです。母親は本来母性があり子どもに与える無償の愛を持っています。そして、それは女性にも男性の中にもあります。その慈愛を育むのが真の成長です。今の愛が相手の幸せを考え、与える愛、慈愛になっていかなければなりません。

 まずあなたが慈愛を持つことで彼も変わり始めます。あなたがまず自分を変えて理想の愛の人になってください。もっと相手や周りの人に親切にしたり、自分を信じ、自分の才能を周りの人と分かち合っていきましょう。

 常に相手をジャッジするのではなく、学びをいただいていると感謝するのです。あなたが変わると相手も変わっていきます。

 否定的なままでは、やがて地獄になっていくでしょう。相手に理想を求めず許し、相手のいいところを探し、尊敬と感謝をし、さらに相手と周りにも思いやりのある生き方をしてください。

 また、愛をもって2人でよく話し合ってみてください。お互いが成長するために、2人の関係が単なる心の執着の関係でなく、真の成長のための出会いになるように。無償の愛は心を超えた愛なのです。

 私の教えは依存や執着の奪う愛ではなく、変化しない愛、慈愛を育むことを実践するもの。執着の心の愛はやがて苦しみを呼びます。変化する利己的な愛を、心を超えた宇宙的な愛、変化しない愛に進化させます。ヒマラヤシッダー瞑想の実践でそうした愛に変えるのです。

ヨグマタ相川圭子さん 撮影/矢島泰輔

ヨグマタ相川圭子さん……究極のサマディに達して下界で活躍する世界にたった2人しかいないヒマラヤ大聖者。「女性史上初」5千年の伝統をもつヒマラヤ秘教の正統な継承者。国連本部で主賓としてスピーチ。日本、インド、ヨーロッパ、アメリカで活躍。日本に道場を持ち、ディクシャという瞑想秘法伝授と悟りの合宿を行う。全国で指導を展開。人生を変える本質的な生き方をガイド。『心と体をととのえて、もっと楽に生きる』(中央公論新社)など著書累計90万部。TBSラジオ・インターFM897、BSテレビに好評レギュラー出演中。
●公式サイトhttps://www.science.ne.jp/

辛酸なめ子……東京都生まれ。女子学院中学校・高等学校を経て、武蔵野美術大学短大卒。漫画家・コラムニストとして活躍。著書多数。
Twitter:godblessnameko

《構成/池野佐知子》