昨年の大みそかに行われた総合格闘技イベント『RIZIN.33』で対戦したYouTuber・シバターと“戦う投資家”の久保優太(34)。年をまたいだあとも、このカードに降って湧いた“ヤラセ疑惑”が大きな話題になっており、炎上の様相を呈している。

 試合は1Rでシバターの飛びつき腕ひしぎ十字固めにより勝敗がついたのだが、翌1月1日に久保が波紋を呼ぶツイートを投稿した。

《嘘をつく人生は嫌だな (中略)  事の経緯とかも全部きちんと話したい》(現在は削除済み)

 すると、久保の妻の兄がLINEのスクリーンショットをSNSに投稿。そこにはシバターが送ったものと思しき《1ラウンド目うまく時間潰して 2ラウンド目で本気で倒しに来てください》との文面が……。しかし、事態はそれだけにとどまらなかった。

「1月6日に、暴露系YouTuberのコレコレさんがシバターさんと久保さんヤラセについて電話でやり取りをした録音データを公開しました。これが、久保さんから提供されたものだということで、炎上。SNSなどで“自分でなく人に告発させるのはダサい”といった非難の声を浴びることになってしまいました」(スポーツ紙記者)

“億を稼ぐトレーダー”として

シバター(本人インスタグラムより)

 一方のシバターは“炎上系YouTuber”を謳(うた)っているだけに全くの無傷のようで、自身のチャンネルで「台本あったことを発信したら、お前がその台本をのんだということを認めたことになるんだぞ。負けてから“騙された”って騒ぐのはカッコ悪すぎるだろ」(1月4日配信)と煽られてしまうことに。8日に久保は「当時は感情がコントロールできなかった」「パニックになってしまった」と釈明している。

 久保は15歳でキックボクサーを始めると高校2年でプロデビューし、その後、数々のタイトルを獲得。2017年には『初代K‐1 WORLD GP』ウェルター級王者にまで登りつめ、2021年には『RIZIN』に電撃参戦、総合格闘家に転身した。そんな彼はいったいどんな人物なのか。投資家としての一面について紐解いてみると、

25歳のときに株式投資をはじめて数億円の利益をあげるなどして大成功。“億を稼ぐトレーダー”としてテレビに出演し、超高級腕時計を自慢していましたよ。しかし、2019年に信用取引で2億2千万円の損失を出し、途端に4000万円の借金を背負ってしまったんです。このことについては本人もYouTubeチャンネルで生放送していましたが、ショックを隠しきれない様子が印象的でした。このあたりからYouTuberとしての活動も活発化しましたね」(久保を知る実業家)