2020年7月、ある夜の出来事。

あるカップルの会話データ

「本当にしたくないんだ」

「したくないって言われて、チョー失礼じゃん」

「どっちがだよ」

「ねェ、紗里がそんなに気持ちよくない?」

「そもそも性欲ないし。そんなにしたいの?」

 録音された音声データから、生々しい男女のやり取りが聞こえてくる。弱々しい声で肉体関係を拒む男性に対して、女性は執拗に求め続ける。

「無理、無理、無理。本当に無理。こんな押し倒した状態でして、どうするの?」

「仲直りしようと思って」

「どんどん紗里のことが嫌になっているのわかってる? ねぇ、手を止めて」

 終わりを迎えるカップルの会話のようだが、そうではない。ふたりの間には、これまで語られてこなかった複雑なトラブルがあって――。

「2021年9月、ユーチューバーの大河内基樹さんがタレントの加藤紗里さんを訴えて、今も裁判中なんです」(司法関係者)

大河内基樹さん(本人のインスタグラムより)

 週刊女性がこんな情報をキャッチしたのは、2021年12月のこと。司法関係者が続ける。

「加藤さんが妊娠中、2020年2月に掲載された『AERA.dot』のインタビュー記事で、元夫に大河内さんとの不倫を疑われているのを明かしたこと、暴露系ユーチューバーの生配信に加藤さんが参加して“子どもの父親は大河内さんだ”とほのめかしたことで名誉を傷つけられたとして、約3000万円の損害賠償を求めています加藤さんは名誉毀損には当たらないと反論しています