《こんなに稼げるの?》

 ネットをザワザワさせたのは、1月22日に放送された『バラまき!!〜新データ調査バラエティ〜』(TBS系)。

「年収はサラリーマンの平均くらい」

「『土曜☆ブレイク』という単発番組枠の企画で、MCを女優の松村沙友理さんと平成ノブシコブシの吉村崇さんが務めていました。人手や資材を“バラまく”ことでデータを集めてみるという趣旨です」(テレビ誌ライター)

 テーマの1つに“子どもが憧れる仕事の中で、いちばんラクして稼げる職業は何なのか?”というものがあった。

「実際に仕事に就いている人に、睡眠時間や消費カロリーを測れるスマートウオッチをつけてもらって調査。総合ランキングでは、2位の消防官や3位の建築家を抑えてラノベ作家が1位になったんです」(同・テレビ誌ライター)

 “ラノベ作家”って、いったい何のこと?

「ライトノベル作家の略称ですね。ライトノベルとは、アニメ系のイラストを多用している若者向けのエンターテイメント小説のこと。マンガのように誇張したキャラクターや設定が魅力で『涼宮ハルヒ』シリーズが有名です」(出版関係者)

(左)累計発行部数は2000万部と大成功した『ハルヒ』シリーズ。(右)白鳥氏が手がける『りゅうおうのおしごと!』は今春に最新刊が発売

 文章を書く仕事だから、身体を動かすことが少なくてカロリー消費が少ないのは想像に難くない。衝撃だったのは、莫大な平均年収の額だった。

「ラノベ作家の平均年収が8085万円と紹介されていました。調査対象となり、実際に番組からも取材を受けていた作家は“ラクじゃない”“自分の年収はサラリーマンの平均くらい”と語っていたんですが……」(前出・テレビ誌ライター)

 この金額は、いったいどこから導き出されたのか。