ご自愛消費」が活況だ。昨年行われた「ご自愛消費に関する調査」(スナックミー)では86%が「ご自愛消費」を行っているという結果に。気分転換やストレス発散目的の、自分へのご褒美として高級品が購入されている。

自分へのご褒美品がバズり中

 例えば8個で1万1000円の『羽美翔 高級トイレットペーパー』。「メディアで紹介されたこともあり、弊社紙製品のなかでいちばんの売れ筋商品となっています」と発売元である望月製紙の担当者は話す。「どんな使い心地?」という好奇心からの家庭用購入もあるが、贈答品にも喜ばれているのだとか。コロナでふだん会えない人への高級な贈り物、というニーズも満たす。

 岩手県なかほら牧場『グラスフェッドバター』は、100gで2160円という値段にもかかわらず、年間4万個を販売。サラッとしているのにバターのコクがしっかりとあって風味や舌ざわりもよく、「ごちそう」感がたっぷりだ。

 アクアファーム秩父の『彩美卵「寿」』は10個で6980円!「普段は生卵を食べないけど、ここだけは食べられる」「黄身のもっちり、がハンパない」といったリピーターが多く全国からの注文が引きも切らずという。

 6個セットで4000円を超えるいちご大福『レヴェランスのシャンパンいちご大福』も、ネットで注文受け付けを開始した途端に即完売という人気ぶり。味もさることながら見た目もゴージャス。

「1か月待ちでようやく買えました。ちょっと奮発しましたが自分へのご褒美で」(購入者)。

 高額スイーツはインスタにアップしたときなどに“映える”のがポイント。自己満足感と贅沢気分を大いに盛り上げてくれる。

 日用品ではTRINUSの『花色鉛筆』。鉛筆の形そのものを花に見立てていて削りかすも花びらのように見えるというデザイン。

 5色セットで1980円、色鉛筆の一般価格と比べるとかなりの高額だが、すでに5000万円以上を売り上げた。

TRINUS『花色鉛筆』5色セット(Amazonより)

 担当者によると「軸部分には廃棄古紙を主原料にした新素材を活用し、SDGsに配慮した商品である点も消費者にご評価いただいている」とのこと。

 この削りかすを使って作品を作れるポストカード「ペタルアートコレクション」もあわせて好評。“趣味の時間を充実させるアイテム”として文具好きのココロをガッチリ、だ。

 化粧品では、1万2100円というコスメデコルテの美容液『リポソーム アドバンスト リペアセラム』が好調。

 発売3か月半で約37万個を出荷した。マスクをしていても肌のお手入れはしっかりしたい。基礎化粧品はいいものを使ってスキンケアしたいという美容ニーズを満たした。