アンジャッシュ渡部建(49)が活動再開を発表した。妻・佐々木希(34)も自身のインスタグラムで報告。《本日より主人が仕事復帰することとなりました》として、

《これからはゼロから頑張る主人の姿を見守ることに決め、今まで以上に感謝の気持ちを持ち、家族と共に前に進んでいこうと思っています》

 と、決意を語った。一昨年6月“多目的トイレ”不倫が発覚した渡部とは離婚の可能性も取り沙汰されたが、夫婦の絆は強かったようだ。

佐々木希、貫く信念

 それを予言していたのが、ゆきぽよことギャルタレントの木村有希(25)。「佐々木さんは元ギャルなんで、一途でぶれない。愛情が深い」と離婚説を否定していた。なお、ゆきぽよはヤンキーにも一家言持っている。「ヤンキーは優しい。彼氏だって爆音のバイクでも家の近くになると音小さくしてる」というのだ。

 そして、ギャルとヤンキーはけっこう近い。佐々木の親友である木下優樹菜(34)はヤンキーからギャルになったし、佐々木も元ヤンであることが報じられたりしている。

 ちなみに、ギャルとヤンキーの共通点は「身内と地元が大好き」というところ。『週刊文春』によれば、佐々木は渡部の不倫相手に電話をして、

今の会話、録音してますから。嘘をついたら大変ですよ

 などと問い詰めたという。佐々木は渡部のことも叱責したようだが、それはそれとして、自分たちの家庭を他人に壊されるのは許せなかったのだろう。