連続テレビ小説『カムカムエヴリバディ』で3代目ヒロイン・大月ひなたを演じる川栄李奈、そして恋のお相手となる大部屋俳優・五十嵐文四郎を演じる本郷奏多。親子3世代で紡ぐ100年の物語もいよいよ佳境へーー。2人に、撮影現場の様子から、気になる恋の行方までを直撃!

川栄「現場はすごく穏やかな雰囲気です。私がすごく緊張して戸惑っていたりすると、深津(絵里)さんがいつも声をかけてくださるんです。“いまのやりづらかったよね”とか緊張を和らげる空気感をつくってくださったりしていつも助けてもらっています。オダギリジョーさんは普段も役のお父ちゃんのまんま。本当に優しいです」

本郷「僕は時代劇のパートで虚無蔵役の松重豊さんとご一緒させていただくことが多いです。殺陣だったり切られ役のアクションだったり一緒に練習させていただいているのですが、やることが多くて本当に大変。

 でも、川栄さんはヒロインでさらに負担が大きいのに、その感じを一切出さないで現場にたたずんでいるのを見て、すごいなっていつも思っていて

川栄「えーっ、本当に?」

本郷「本当、めっちゃ尊敬していますよ。僕だったら眠たそうな顔をして“頑張らなきゃ”とか言いながらやっちゃう(笑)。それこそ方言や英語とか覚えることたくさんなのに努力を見せない姿がすごく素敵だなって。いつもその背中を拝見させていただいています」

“終わらないのかよ!”ってキレた思い出が(笑)

―役と自分が似ている部分や共通点は?

川栄「オーディションのときからこのひなたという役が本当に演じやすかったんです。勉強ができなくて、英語も長続きせず途中で挫折したり、ちょっとあっけらかんとした感じがすごく自分に似ているんです。だから、すごく演じやすくて毎日が楽しいですね」

川栄李奈

本郷「五十嵐は変わり者ですが、僕も変わっているねってほぼ100%の人に言われますね」

川栄「確かに、全部が変わってます(笑)」

本郷「えっ、悪口!?」

川栄「いや、いい意味でですよ。知れば知るほど好きになるというか、面白いのを隠している感じがあるんです」

本郷「でも、確かに川栄さんが僕のことを下に見ているなって瞬間があって(笑)。

 僕が野球の衣装でボールを投げるシーンがあったんです。それで、いざ投げるってなったとき、川栄さんが“おまえできるの?”みたいな感じでニヤニヤしながら見てて、それがプレッシャーになり変なところに投げちゃったんです。そうしたらひとりで爆笑してて。ちょっとあれは(笑)

川栄「(笑)。なんか不思議な面白さがあるんです。それをもっとみんなにさらけ出してほしい」