「西田さんは一昨年の12月、一戸建ての借家へ子どもさん4人を連れて引っ越してきたんじゃ。上の男児は中1と小5のヤンチャ盛りやから、叱ってる姿は見たことあった。けども、まさかあんな酷い虐待をしていたなんて……」

 近所の住民は険しい顔つきでそう話した。

 9日、岡山県警捜査一課と岡山西署は、岡山市南区の内装工・船橋誠二容疑者(38)と同市北区の無職・西田彩容疑者(34)を強要の疑いで逮捕した。2人は共謀して、西田容疑者の次女・真愛(まお)ちゃん(当時5)を繰り返し虐待した疑いがもたれている。

 真愛ちゃんは去年9月、虐待を受けて病院に搬送されたが、脳死状態で意識不明に。その後、今年1月に低酸素脳症で死亡した。

5歳女児への想像を絶する虐待

 地元紙の社会部記者がこう説明する。

「船橋容疑者は西田容疑者の内縁関係にあり、船橋容疑者が主犯で、西田容疑者が共犯と目されています。彼らは去年9月10日から23日まで少なくとも5回は椅子の上に置いた両手鍋の上に5時間前後、立たせ続けるという前代未聞の虐待をしていた。真愛ちゃんの髪の毛を引っ張ったり、殴ったりしたり、なかには布団にぐるぐる巻きにして息ができないようにしたこともあった。しかも、その行為を室内カメラで録画していた」

 警察の取り調べに船橋容疑者は、

「私が暴力を振るった。虐待行為をしたことは間違いありません」

 などと容疑を認めている。一方、西田容疑者は、

「私がやったことではない。共犯はおかしい」

 などと容疑を否定している。

 西田容疑者の印象について、

「SNSの写真は派手な顔してるけど、実際はいつもスッピン、髪はベリーショートでいつもキャップかニット帽を被っていた。服装もTシャツにジーンズといった地味な感じでしたよ。でも、気さくで性格は明るいお母さんやった。ただ、仕事をしよる感じには見えなかった。どうやって食べていたのかが不思議」(近所の住民)

 西田容疑者は、生活保護を受けていたという話も出ている。